能作 錫の食器 すずまる すずこざら

能作 変幻自在のフレキシブルな錫の食器

能作 すずまる すずこざら

  • オリジナルセットあり
  • 別売化粧箱あり
  • 日本語の説明書付き
  • 英語の説明書付き

錫がもつ長所を利用した素材感でアピールする新感覚の食器

伝統工芸の高岡銅器に代表される鋳物の町として全国的に知られている富山県高岡市。1916年に仏具製造メーカーとしてこの地で創業した「能作(のうさく)」が、今回ご紹介する錫の食器の製造元です。
能作-nousaku-といえば、仏具や茶道具、花器などの鋳型製造で培った高度な鋳造技術や丁寧かつ精度の高い仕上加工に定評のあるメーカーです。近年は、テーブルウェアの中でも酒器や茶器などでしか使用されることのなかった「錫(すず)」に着目し、純度100%の錫であらゆる食器や生活用品をデザインし製造しています。

錫は金、銀に次ぐ高価な金属として知られており、酸化しにくく抗菌作用が強いという特性があります。よって、水を入れても酸化しにくいので昔から酒器や茶器に用いられてきました。
錫は非常に柔らかく製品にするときは仕上加工をしやすくするために他の金属材料を加えて硬さを出しますが、能作の錫はあえて金属を加えず、柔らかい素材感を製品にそのまま生かして作られています。

純度100%の錫は金属のひんやりとした感触を持ちつつ、そのイメージからは想像できないくらい手で容易に曲げることができます(※形状や厚さにもよります)。
今までに感じたことのないようなこの錫の食器の独特の感触はまさに新感覚といえます!

錫の柔らかさは新感覚

曲げたり立たせたり自由な発想で使えるフレキシブルな錫の食器

今回、能作のテーブルウェアラインナップから、シンプルなフォルムで使い勝手の良い食器「すずまる」と「すずこざら」をご紹介いたします。

まず「すずまる」ですが、こちらは直径10cmの円形の平たい錫のプレートになっています。
圧延加工技術を用いて錫100%を厚さ1mm程度にまで薄く延ばしており、手で少し力を加えるとしなやかに曲がっていきます。錫の食器に触れてみると金属の硬質さも感じるので、薄く軽いのに重厚感や高級感の漂う食器になっています。
使い手の自由な発想で形づくる事ができるので、食器としてだけではなくインテリアなど別のシーンにも活用できる汎用さが人気です。

能作 すずまるの柄は3種類
能作 すずまる
関連商品

一方の「すずこざら」は、底面から側面にかけてゆるやかに立ち上がった直径6.9cmの錫の小皿になっています。
高さが1cmほどあるので、ちょうど醤油皿くらいの大きさの食器になっています。こちらは最初から形づくられていますが、ここから更に変形させることもできるので、錫の食器に少し波を付けたりもう少し立ち上がらせることも可能です。

能作 すずこざらの柄は3種類
能作 すずこざら
関連商品

錫の食器「すずまる」・「すずこざら」の模様は全3種類

錫の食器「すずまる」と「すずこざら」には表面に模様が入っています。布目・氷割・おぼろの3種類があり、鍛造やエッチングを施したような繊細で芸術品のような質感に仕上がっています。
一見、モノを乗せても大丈夫なのかな?と思ってしまうような見た目ですが、錫は抗菌性が高いので、直接このまま食品を乗せても大丈夫な素材なのです。

それぞれの柄の特徴としては、「布目」は木綿の布地を思わせるナチュラルな質感が特徴。3つの柄の中で一番立体的な柄をお楽しみいただけます。
「氷割」は寒い冬、澄み切った湖に現れる凍った水面を表しています。3つの中で一番錫ならではの自然な凹凸を楽しめる柄です。
最後に「おぼろ」は、はらはらと舞い散る雪やぼんやりとあらわれる月夜を思わせる儚げな質感が特徴。3つの柄の中で最もマットな質感です。

布目・氷割・おぼろの模様

能作 錫の食器の活用方法は?

しかし自由に使える錫の食器と聞いても、一体どんなものと組み合わせて使用すべきか実際のところ悩んでしまいますよね。普段使いの参考になりそうな錫の食器「すずまる」と「すずこざら」の使用例をご紹介していきます!

お菓子の器として

「すずまる」は平たく端正でかつ凛とした雰囲気さえ感じるフォルムなので、和菓子との相性がとても良い錫の食器です。
懐紙のような感覚で、上に練り切りや羊羹などを乗せるだけでも優雅な気分に。お抹茶を立てながら楽しみたくなりますね。
もちろん、焼菓子やチョコレートなどの洋菓子もオススメです。

すずまるにお菓子を乗せて

「すずこざら」は少し深さもあるので転がりやすい形のものや、小さくて細かいものも置きやすいです。
ついでに、錫はすぐ冷えやすく、すぐ温まりやすいという熱伝導の良さが特徴なので、チョコレートは少し冷やしておくとしばらくは冷たさを保つことができますよ。

すずこざらにお菓子を乗せて

料理の器として

ホームパーティーの時や、ちょっと1品欲しいなという時に少量の料理をこの錫の食器に乗せるだけでも豪華な印象に。
こちらも、冷やした食材は多少冷たさを保つことができるので、カルパッチョなどの生魚を使った料理や、生野菜などにオススメです。
また、「すずこざら」はお刺身の際に添える醤油皿にぴったりな大きさの錫のプレートです。
「すずまる」のプレートを平たいままで使うと持ちにくいので、端の1か所を立ち上げるだけで指を引っ掛けられるので便利ですよ。

すずこざらは醤油皿にぴったり

コースターとして

お洒落な錫の円形プレートなので、コースターとして使用するのにもぴったりです。
また、カップを包み込むように錫のプレートの端を立ち上がらせて変形させると、カップから流れた水滴などをキャッチしてくれます。
錫のプレートの上にガラス食器を乗せると綺麗に見えるので、ビールグラスやロックグラスなどのお供にぜひ使っていただきたいです。

すずまるをコースターとしても

アクセサリーなどの小物置きとして

写真のように錫のプレートを波型に変形させて置くだけでオブジェのような佇まいに。
玄関先での鍵置きとして、ドレッサー前ではアクセサリー置きとして、様々なシーンで大切な小物を錫のプレートに置いてみてください。
錫は常温下では錆びにくい性質を持っているため、他の金属や材質の邪魔になりにくいです。

やわらかい錫を変形させて小物置

観葉植物のトレーとして

錫は古くから「錫の器に入れた水は腐らない」などと云われ、花器の材質に最適とされていました。
ですので、インテリアの一部として苔玉などの小さな観葉植物を置くのもオシャレですよ。すずこざらは最初から深さがついているので、多少の水を注いでも大丈夫です。和と洋どちらの空間にも不思議と合う点も大きな魅力です。

いかがでしたでしょうか。ここまで錫の食器の活用術をざっとご紹介しましたが、ここに挙げた使い方以外にも工夫次第でもっと色々な用途があるはずなので是非ご自身でも創作してみてくださいね。

錫を曲げたときに奏でる音

純度100%の錫は、曲げる時にピキピキという高い音がします。決して割れたり壊れたわけではなく、これは錫の分子が擦れ合って発生した音でTin Cry(錫鳴き)と呼ばれています。
この独特な感触も是非味わっていただきたいポイントです。
金属でありながらも、変幻自在に容易に形を変えられ熱も伝えやすい不思議な触り心地の錫製品を、生活の様々なシーンでお楽しみください。

手に持っている様子

すずがみ・すずこざらは贈り物にもおすすめ

今回、錫の食器「すずまる」と「すずこざら」はそれぞれ3柄を1セットで箱入れしたものと、1柄ずつバラ売りしたものをご用意しております。
能作の商品はどれも使い勝手が良くメンテナンスも難しくないので、今回ご紹介したシリーズ以外のものも日頃から贈答用や引出物用としてご好評いただいております。
錫の食器「すずまる」と「すずこざら」もシンプルな器として汎用性の高い商品ですので、贈り物にオススメです。もちろんご自身で使用したい時は、気になる柄のものをバラ売りで購入することもできますのでお試しにまずは1つ手に入れてみるのも良いですね。
※当商品は名入れサービスを受け付けておりません。あらかじめご了承くださいませ。

贈り物にいかがでしょうか
関連商品

四角い錫の食器をお探しの場合は…?

能作の錫の食器「すずまる」と「すずこざら」ではまん丸のアイテムのみをご紹介しておりますが、もし四角い錫の食器が欲しいな…と思ったら、工房は異なりますが、同じく富山県高岡市のブランドsyouryuから「すずがみ」というお品物もご紹介しております。
正方形のスタイリッシュなタイプがお好きな方は、ぜひ「一度はさわってみたい!誰もが驚く不思議な錫のお皿」をご覧ください。

[錫の食器「すずまる」「すずこざら」のご使用について]
※ご使用後は柔らかい布かスポンジを用いて、他の食器同様に台所用洗剤(中性)で洗ってください。
※硬いたわし等でこすらないでください。また、柔らかく傷つきやすいため、クレンザーでの研磨もしないでください。
※光沢が鈍くなってきた時は市販の金属磨きや歯磨き粉、重曹などで磨くと光沢が戻ります。
※一か所に繰り返し力を加える、またはひねったりねじると じきにちぎれますので、過度な動かしはお控えください。
※融点が低いため、直火にかけないでください。
※電子レンジではご使用になれません。
※ティンペスト(低温により脆くなること)の原因となるため、冷凍庫には入れないでください。

ギフト・贈り物にも安心のご案内カード付き!

当店でご用意するすべての商品・贈り物に「ご案内カード」を同梱しております。
カードには商品・贈り物に万が一不備や破損があった場合の連絡先として当店を記載しております。
なかなか、贈り主様に商品の不備・破損があったとのご連絡はしにくいものですので贈り先様から直接ご連絡を頂けるよう努めております。
贈り物を直接手渡しされる場合は、ご案内カードも一緒にお渡しください。万が一商品に不備があった場合、商品交換の際に必要となります。
梱包を厳重にしていますので不備・破損のないよう手配しておりますが、万が一の場合もご安心下さいませ。
なお、万が一商品に破損があった場合のご対応につきましては、お買い物ガイドの「商品に破損があった場合について」を参照下さいませ。
当店では大切なお品物を最後まで責任を持ってお届け出来るよう手配を致します。

ご案内カードの表面と裏面
ご案内カードイメージ