白山陶器 平茶碗 使いやすさが人気のおしゃれなお茶碗

白山陶器 夫婦茶碗

ご飯が美味しくみえる美しいおしゃれなお茶碗

[白山陶器]平茶碗

税別: ¥3,000~

  • オリジナルセットあり
  • 別売化粧箱あり
  • 日本語の説明書付き
  • 英語の説明書付き

商品一覧を見る

おしゃれなお茶碗・夫婦茶碗探しのお話

日本デザインストアをオープンしてからの1年間。実はこの間、当店では和食器の中でも最も食卓のスタンダードといえる“陶器のご飯茶碗”を扱っていませんでした。
理由は簡単で、当店のお品物選びの基準である「モダンでデザイン性が高く、長く使えるもの」に該当する陶器のお茶碗・夫婦茶碗に出会えていなかったから…
日本のいいものをご紹介するお店なのに、おしゃれなお茶碗・夫婦茶碗が無いって大丈夫!?と思いながらの一年間でした。

実は以前、東京六本木の商業施設の中で、デザインがとっても素敵な手作りのおしゃれなお茶碗・夫婦茶碗を見つけたことがありました。しかし、お値段なんと3万円…!
長く使うものであれば多少高くても元は取れるかも…?と一瞬頭によぎったものの、じゃあ自分がお茶碗一客に3万円を出せるか?家族四人分で12万円を出せるか?というと「ど、どう考えても出せない…」
うっかり落としても割れない木製の漆器ならまだしも、毎日使って毎日洗うご飯茶碗の場合、よっぽど強度の高い陶磁器でない限りいつか必ず欠けたりヒビが入ってしまうもの。
デザインとコストパフォーマンスの両方を考えると、なかなか「これ!」というおしゃれなお茶碗・夫婦茶碗を見つけるのができませんでした…。

ようやく見つけた!理想的なおしゃれなお茶碗・夫婦茶碗

そんなおしゃれなお茶碗・夫婦茶碗探しに手こずっていたある日、とあるものづくり関係者の集まる会合にて、ついに理想的なデザイン・価格・そして使い勝手のおしゃれなお茶碗・夫婦茶碗に出会えました。
それが今回ご紹介をする、デザイナー森正洋(もりまさひろ)さんデザインによる白山陶器(はくさんとうき)の平茶碗(ひらちゃわん)。

白とネイビーの落ち着いたデザインの平茶碗

一見お茶碗とは思えないスタイリッシュで端正なフォルム、そして美しくデザインされた繊細なパターンの数々に、店長は「普遍的な美」を感じました。(大げさですが…(笑)とはいえ、ドイツ、スペイン、アメリカなど世界中の美術館で展示されたことのあるおしゃれなお茶碗なのですよ!)

この白山陶器のおしゃれなお茶碗・夫婦茶碗の平茶碗を当店にご紹介くださった「デザインモリコネクション」の小田さんにお話を伺うとこちらのおしゃれなお茶碗・夫婦茶碗の白山陶器の平茶碗はデザインや使い勝手にとことんこだわってつくられた、超ロングセラーの名品であるということが分かりました。
(ちなみに小田さんは、森正洋さんのファンが高じて販売会社を作られた方。森さんへのデザイン愛に溢れた方です!)

モダンな柄の平茶碗が並んでいる様子

白山陶器のおしゃれな平茶碗の発売はなんと20年以上前の1992年。そして翌年1993年にはグッドデザイン賞受賞作品。
もっと早くグッドデザイン年鑑をチェックしていればこのおしゃれなお茶碗・夫婦茶碗を早く見つけられていたのに…(泣)と後悔しつつも、ご飯茶碗ならこれからの人生まだまだ使う!と気を取り直してご紹介をさせていただく次第です。
それでは白山陶器のおしゃれでモダンなお茶碗・夫婦茶碗「平茶碗」の魅力について、しっかりお伝えしていきたいと思います。

民芸風ネイビーの平茶碗をメインに4枚の平茶碗が並んだ様子

ごはんが美味しく見える白山陶器のおしゃれでモダンな平茶碗

おしゃれな白山陶器のお茶碗・夫婦茶碗「平形めし茶碗」、通称「平茶碗(ひらちゃわん)」。
1980年頃から約10年以上の試作期間を経て世に出されたおしゃれでモダンなお茶碗・夫婦茶碗は、使い勝手、見た目、選ぶ楽しさなど全ての面において追求して作られた、完璧とも言えるご飯茶碗の名作です。
素朴なのにどこか品を感じさせるおしゃれな平茶碗は、和食器のみならず北欧食器などのお洒落なインテリア好きの方に人気なモダンデザインのお茶碗・夫婦茶碗です。
定番のご飯は真ん中にこんもり盛るのが美味しく見える秘訣。平茶碗の余白がご飯を引き立てます。
「ごはんが美味しく見えるおしゃれなお茶碗」として発売以来20年以上、ロングライフアイテムとして愛され続けています。

ご飯をふんわりと盛った平茶碗とおかずを盛った平茶碗の写真
関連商品

平茶碗が愛される5つの理由

モダンな和食器として白山陶器の平茶碗が愛されるのには、見た目のデザインの他にも様々な工夫がされているから。こちらでは「平茶碗が愛される5つの理由」をご紹介いたします。

  1. Point.1持ちやすく、収納しやすい

    白山陶器の平茶碗の特徴は、何と言ってもこの大きくて平たい形。一般的なお茶碗の直径が12、13cmなのに対し、こちらは約15cmあります。
    一般的なお茶碗のイメージとは異なるため、一見「持ちにくいかな?」と思われがちですが、持ってみたらその違いは一目瞭然。
    お茶碗の底と縁にそっと手を添えるだけでゆったりと持てるため、想像以上に手にしっくり馴染みます。
    大きなお茶碗は手が小さな女性や子供でも大丈夫?とのお問い合わせもいただきますが、平茶碗は手で支える面積が大きいので、お子様でもしっかり持つことができますよ。

    お茶碗を持った食事中の様子

    また、高さがないため収納のしやすさも抜群。平茶碗を数枚重ねてスタッキングをしても食器棚にスタイリッシュに収まります。
    ご飯茶碗は毎日使う大切存在。持ちやすく使いやすいというのは重要なポイントですね。

    カラフルな柄の平茶碗を4枚重ねた様子
  2. Point.2種類が豊富!内側の模様が楽しめる

    デザイナーの森正洋さんは陶磁器におけるモダンデザインの申し子と言っても過言ではない存在。森さんは平形めし茶碗の形が決まると、それを「如何に斬新に鮮やかに仕上げるか?」という点に注力し、1992年のデビュー時には144種類もの絵柄を発表しました。
    大きくて平たい形は、そんな優れたお茶碗のデザインをしっかりと楽しむことができます。
    ちなみに1992 年の新作発表の場は東京銀座の老舗百貨店「銀座松屋」の松屋デザインギャラリー。発売当時からそのデザイン性の高さから、3週間で2600客のお茶碗を販売するという爆発的な評価を受けたのだそうです。
    現在は100種類の柄が制作されていますが、一時は300種類ほどのラインナップがあったのだとか。
    当店ではその中でも特におしゃれなお茶碗をセレクト。その理由はまた後ほどご紹介いたします!

    モダンでたのしめる豊富な柄を上から撮った写真
  3. Point.3飯碗以外に使っても料理が引き立つ

    使い勝手の面で言うと、ここが最も一般的なお茶碗と一線を画している特徴かもしれません。この白山陶器のおしゃれな平茶碗…、何と言ってもご飯以外を盛っても料理が引き立つお茶碗なのです。
    それもこの大きくて平たい形だから成せる技。おしゃれなご飯茶碗としてだけでなく、小鉢として煮物やサラダなどのお惣菜を盛りつけたり、フルーツやみつ豆といったデザートを盛りつけてもお使いいただけます。

    そうめん、肉団子、あんみつをそれぞれ持った平茶碗
  4. Point.4大きくて平たいから洗いやすい

    これはご自宅で使ってみた方でしか実感することができないのかもしれませんが、白山陶器の平茶碗は大きくて平たいので、平たいお皿のように内側をスッキリと洗うことができます。内側をスポンジでクルクルと簡単に洗えることは以外と大事!
    ちなみに食洗機、電子レンジの使用も可能。洗いやすさについては、使ってみて初めて気づいたので愛される特徴としてご紹介をいたします。

    お茶碗を洗っているの様子
  5. Point.5コーディネートを楽しめる

    最後にこれは趣味の問題かもしれませんが、お茶碗の柄や色目で自分の好きなコーディネートが出来てしまいます。
    当店では100種類の中から吟味して、「使いやすくてお洒落な、シンプル&モダンなデザイン」のみをセレクトいたしました。
    白と紺を組み合わせてシックに。白と青色を合わせて北欧デザイン風に。お好みのイメージ合わせてお茶碗のコーディネートを楽しんでくださいね!
    例えば写真のようにうどんやお蕎麦、素麺を盛る麺鉢として。夏が待ち遠しくなるおしゃれで爽やかなデザインです。

    平茶碗にそうめんを盛って食事中の様子
    割烹料理屋さん風に
    煮物や揚げ物を盛ると割烹料理屋さん風に。一般的なご飯茶碗では出来ないおしゃれ技です
    透明感のある甘味がよく似合います
    実はみつ豆やゼリー寄せ、くず餅など透明感のある甘味がよく似合います
    切ったフルーツをのせる器としても
    ササっと切ったオレンジやリンゴをのせる器としても重宝
    白と紺色のお茶碗の特長
    白は素材を明るく見せ、紺色は素材をおしゃれに際立たせます

サイズ感、東屋の花茶碗と大きさを比べてみました

大きくて平たい白山陶器のおしゃれなお茶碗・夫婦茶碗。サイズ感の参考になるよう、今回同時期に販売を開始した東屋花茶碗と比べてみました。
東屋のコロンとしたフォルムと比較し、白山陶器のおしゃれな平茶碗はスタイリッシュなイメージ。
かわいいお茶碗・夫婦茶碗か、モダンなお茶碗・夫婦茶碗か迷うところかと思いますが、白山陶器のおしゃれな平茶碗はお写真の通り手がスッと伸びるため、女性の手元を美しくエレガントにも見せてくれますよ。

平茶碗と花茶碗のサイズ感の比較

おしゃれな平茶碗の質感はマットと艶ありの2種類

白山陶器の平茶碗には、光沢を抑えた「マット」と、光沢のある「艶あり」の2種類のお茶碗があります。
当店で人気の平茶碗は「マット」の方。見た目の好みもありますが、手で触った時の柔らかな質感が人気の秘密のようです。

マット
ニュアンスのある「マット」スベスベした質感です
艶あり
光をあてるとツヤ感が際立つ「艶あり」

平茶碗のおすすめはシンプル&シックなマットホワイト

当店でご紹介をするのは、100種類の中からバイヤーが悩みに悩んで選び抜いた12種類。セレクトの基準は普段使いをすることを念頭に置いた3点。この厳しいポイントをくぐり抜けたお茶碗ですので、どのデザインのお茶碗をご購入いただいても安心してお使いいただけます。

  1. Point.1飽きのこないベーシックカラー

    ご飯茶碗は毎日の食卓で必ず登場するもの。加えて白山陶器の平茶碗はご飯以外のお惣菜やデザートを盛りつける機会も多いので、使い勝手の良い「ホワイト」もしくは「ネイビー」をベースカラーに選びました。
    お洋服で言うなれば基本の白シャツ。引き算の美学でお料理を引き立てます。

    白とネイビーの柄の2枚の平茶碗
    関連商品
  2. Point.2コーディネートされた組み合わせ

    最初は気になる柄を1客。でも、あまりにも使い勝手が良いので、きっと2客3客と買い足したくなるのが白山陶器の平茶碗。
    そんな買い足しを考え、その都度買い足してもバランスが取れる12種類をセレクトしました。
    どれをコーディネートしても、抜群にお洒落な組み合わせになりますよ。

    4枚のモダンな柄の平茶碗を上から撮った写真
  3. Point.3ペアの夫婦茶碗(めおとちゃわん)にもなる組み合わせ

    デザイン性が高く高品質なお茶碗なら、デザインに敏感な方へのプレゼントとしても喜ばれます。
    そのため12種類のアイテムを夫婦茶碗として、6種類のペアセットにしてご用意しました。
    シックな夫婦茶碗やシンプルな夫婦茶碗、カラフル夫婦茶碗など、贈り先様のイメージに合わせて選べるコーディネートです。

    赤いラインの平茶碗とネイビーのラインの平茶碗
    関連商品

毎日使う物こそシンプルな美しさを追求

平茶碗ならではのモダンなデザイン
うっすらと水色がかった控えめな柄が人気なこちら。シンプルなのに細部までこだわりが見えます
主張しない「引き算」のデザイン
主張しない「引き算」のデザインだからこそ、食卓にスッと馴染むお茶碗
緩やかな曲線を帯びたフォルム
直線的だけれど緩やかな曲線を帯びたフォルム。使い手の使いやすさにこだわって生み出された形
お茶碗の底には森さんの「も」
お茶碗の底には森さんの「も」が。ユーモアのあるお茶碗に森さんの温かさを感じます

平茶碗は結婚祝いなどの贈り物としても好評

こちらでご紹介しております平茶碗は、結婚祝いや引っ越し祝いの贈り物・プレゼントとしても大変ご好評をいただいております。
単品・ペアセットそれぞれで専用の化粧箱に入っています。さらに森さんのメッセージカード付なのも嬉しいポイント。
お茶碗を単品でご購入の場合は白い化粧箱に入れてお届けいたします。

単品の場合は白い化粧箱

ペアセットの夫婦茶碗はベージュの化粧箱に入れてお届けいたします。当店でご用意しておりますペアセットはこちらの専用化粧箱に入っております。
また、お客様ご自身でペアセットの中身を選びたい場合は、ご希望の平茶碗2点と専用の化粧箱をお買い求めくださいませ。

夫婦茶碗はベージュの化粧箱
関連商品

平茶碗のデザイナーは森正洋(もりまさひろ)さんとは?

1927年、佐賀県塩田町出身。多摩美術大学の工芸図案科でデザインを学び、1956年に白山陶器のデザイン室に入社。
北欧の大御所デザイナー、カイ・フランクからその実力を買われ「フィンランドに来て仕事をしないか」と誘われたものの、「日本でまだ成すべき仕事がたくさんあるから」と辞退をしたエピソードも残っています。
「日常の生活で使う器を考え、形を作り工場で生産することにより、多くの人々とともに共有し生活することにデザインの喜びを感じる」というポリシーのもとに制作を続け生み出された陶磁器は、グッドデザイン賞やロングライフデザイン賞をはじめ、イタリアファエンツア国際陶芸展インダストリアル部金賞など数々の国際的なデザイン賞を受賞。
その受賞は約110点の受賞作に渡ります。
白山陶器の退社後はデザイン教育にも熱く関わり、愛知県立芸術大学教授や九州産業大学芸術学部教授も勤めました。2005年11月永眠。

デザイナー森正洋氏の写真

伝えていきたい、森正洋さんの言葉

森正洋さんはいくつもの印象的な言葉をデザイン界に残されました。
余談に近いですが、店長の好きな名言を4つほどご紹介させていただきます。

・なにを作りたいかというよりも、いまの世の中にはなにが必要なのか、なにを作るべきなのか、それをずっと考えているんだ。
・日常生活で使用する大部分のものは、ただ使えるというだけでは十分でなく、同時に見て美しく、もって感じの良いものが要求される。
・自分がいいと思ったんなら、それが手作りだろうが機械だろうがいい
・伝統は変えていかないと干からびてしまう
(「森正洋の言葉。デザインの言葉。」美術出版社 より抜粋)

デザイナー森正洋氏の写真

おしゃれなお茶碗・夫婦茶碗”平茶碗”の制作元、白山陶器(はくさんとうき)とは

近頃よく耳にする「波佐見焼(はさみやき)」。「白山陶器(はくさんとうき)」はそんな波佐見焼の産地、400年の磁器生産の歴史を持つ長崎県波佐見町にある陶磁器ブランドです。
白山陶器の設立は1951年。デザインから製造までを一貫して行う工房として、天草陶石という熊本県天草で採石できる良質な素材を活かし、確かな技術でおしゃれな器を制作しています。
白山陶器はおしゃれな和食器のブランドとして、波佐見焼(はさみやき)が現在ほど有名になる前から数々のロングセラーを生み出しています。

日本デザインストアでは、白山陶器の中からデザイナー森正洋(もりまさひろ)さんによるデザインアイテム「デザインモリコネクション」をセレクトし、ご紹介をしております。
「白山陶器」、そして森正洋さんにとって器づくりの原点は、なにより使いやすいもの、そして、生活の中になじむものであるということ。
使う人に、愛着を持って長く使ってもらうということを大切に、人々がその器を使う生活シーンをイメージするところから器づくりを行っています。
華美な装飾でなく、かといって平凡でもない。新しさはあるが、どこか懐かしさを感じる。 使っていて気持ちよく、飽きのこないシンプルでおしゃれなデザイン。これが「白山陶器」そして「デザインモリコネクション」の魅力です。

白山陶器ロゴ

他にもおしゃれな夫婦茶碗がございます

日本デザインストアでは、結婚祝いや引っ越し祝いの贈り物としても人気のおしゃれな夫婦茶碗・茶碗セットをご用意しております。
「コレだ!」と胸が高鳴る、お気に入りの逸品を見つけてみてくださいね。

おしゃれな夫婦茶碗について詳しくはこちらから

ご注意事項

  • ※電子レンジ・食器洗浄機をお使い頂けます。
  • ※本商品は全て職人が1点1点手作業によるお品物のため、個体差があります。予めご了承のうえご購入下さい。

名入れについて

当店ではすべてのお品物に対して、名入れサービスを承っておりません。あらかじめご了承くださいませ。

工房:
白山陶器
関連する特集:
夫婦茶碗
結婚祝い
新生活

関連アイテム(おすすめ順)

ギフトサービスについて

ギフトラッピングイメージ

ギフトラッピング

日本デザインストアでは贈り物に相応しい上質なラッピングをご用意しております。手提げ袋のご用意も。

ご案内カード

ご案内カード

万が一のときにも安心!全てのお品物に当店の連絡先を記載したご案内カードを同梱しております。