熨斗(のし)の種類・表書きの書き方について

熨斗掛け(のしがけ)とは?

日本で結婚祝いや結婚内祝いなど改まった贈り物やギフトを用意する場合、古くから引き継がれているマナーとして熨斗紙(のしがみ)を掛ける習慣があります。
現代の熨斗紙は簡単にご説明をすると、古くに「掛け紙」+「水引」+「熨斗(のし)」で構成していた贈り物の包装方法を、近年になってから簡略化し「掛け紙」に「水引」と「熨斗」を印刷した紙を「のし紙」としたもの。水引の書かれた紙を「熨斗」と思われるかもしれませんが、実は「熨斗」自体は熨斗紙の右上に印刷してある小さな飾り(贈り物にはアワビを薄く伸ばしたものを縁起物として添えていた)のことを指します。

気の置けない相手の場合は熨斗掛け以外のラッピングでも問題はありませんが、熨斗紙がかかっているとメッセージカード等が無くても「贈り物の目的」と「贈り主」が一目で分かるため、受け取る側にも贈り物の趣旨が分かりやすいと言われています。
また、日本ならではの贈り物の文化を継承した熨斗掛けは、「大切な贈り物」として一番格の高い包装方法のため、目上の方への贈りものであれば熨斗掛けが一番安心だとも言われております。

「のし」のマナーは難しい?

熨斗掛けには色々な決まりや種類があるため、初めて熨斗掛けが必要な贈り物を用意する場合は「よく分からない!」と思うかもしれません。しかし元をたどれば「相手のことを大切に思う気持ち」をカタチにしたのが熨斗掛けのマナー。1つ1つの意味を理解すれば、それほど難しいことではありません。

こちらでは当店が創業以来贈り物をご用意させて頂くなかで、「ここさえ押さえておけば大丈夫!」とお客様にお伝えしている「熨斗掛け」についての内容をご紹介させて頂きます。
なお、熨斗紙の習慣は地域や宗教(弔事の場合)によって異なる場合がございますため、心配な場合は同じ地域にお住まいのご友人・知人、ご家族にご確認頂くのが安心でございます。
法要・法事などの弔事につきましては慶事と異なる内容が多いため、「法事の引き出物・お返しに心を込めて」をご参照下さいませ。

熨斗紙の構成要素はわずか3つ!

まず熨斗紙を構成している3つの要素を理解すると、グッと「熨斗紙」への理解が深まります。
3つの要素とは「①表書き」「②水引の種類」「③名入れ」。さらにもう一つ加えるのであれば、4つ目に「熨斗のかけ方」があります。
熨斗紙は全てこの3つの組み合わせになります。それではそれぞれの詳細についてご説明していきます。

❶ 表書き

表書き(おもてがき)とは、熨斗紙の上段(水引の上)に書く、贈り物を贈る目的のことを指します。
結婚祝いであれば「御結婚御祝」、出産祝いであれば「御出産御祝」、ご婚礼の引出物であれば「寿」、結婚内祝いや出産内祝いであれば「内祝」となります。
当店でご用命の多い表書きはご注文時に一覧からお選び頂けるようご用意しておりますが、「ホールインワン記念」や「御叙勲御祝」等、目的に合った表書きも承っております。
一覧にご希望の表書きが無い場合は、「その他」をお選びいただき、ご希望の表書きをお申し付け下さいませ。

❷ 水引の種類

水引(みずひき)とは、熨斗紙の中心にある紐のことを指します。
一般的に結び方は「蝶結び(ちょうむすび)」と「結び切り(むずびきり)」の2種類があり、それぞれ贈り物の目的に応じて使い分けます。
水引の種類は大抵表書きの内容に合わせて決まるため、当店では表書きを一覧からお選び頂きますと自動的に水引の種類も決まるよう設定しておりますのでご安心下さいませ。
また、当店ではどのようなお祝いのシーンでもお使い頂ける、オリジナルの「梅結び(うめむすび)」の水引もご用意しております。

蝶結び(ちょうむすび)
現代で言うリボン結びが蝶結びにあたります。「花結び」という別名もあります。蝶結びは「すぐにほどけ、何度も結び直せる」意味から、何度あっても喜ばしい場面に使用します。婚礼以外の一般的な慶事・祝事である、出産祝、内祝い、お礼、お中元やお歳暮などに使用します。

蝶結びの水引
結び切り(むすびきり)
結び切りは「一度結んだらほどけない」という意味から、一度きりのお祝いの場面に使用します。主に婚礼関係(引き出物や結婚祝い、結婚内祝い)に使用します。また、目的に合わせて水引の本数を5本・7本・10本と使い分けます。「結び切り」の水引を緩めた状態を指す「あわじ結び」も結び切りと同じ意味合いで用いられます。また、二度と繰り返したくない弔事に際しても、水引の色味を控えた「結び切り」を熨斗をつけない状態で使用します。

結び切りの水引
梅結び(うめむすび)
梅結びには「固く結ばれ簡単にはほどけない」「魔除け」「運命向上」という意味から、お祝い事全般に使用できる結び方です。「梅結び」は水引を手作りで作る際に「蝶結び」や「結び切り」と比較し手間がかかるため一般的な熨斗紙には使われてきませんでしたが、「梅」という可愛らしい見た目と縁起の良さから当店では大変人気の水引でございます。

梅結びの水引

❸ 名入れ

最後に熨斗紙の下段(水引の下)には名前を書きますが、実はここが一番お間違えの多い場所です。
名入れに入れるのは贈り主様のお名前(ご注文者様)です。名入れは姓名のフルネームで入れるのが一般的です。
なお、出産内祝いの際の名入れは、生まれた子供の名前のみを書きます。(苗字は書かず名前のみです)
名入れは贈り先様(お届け先)のお名前ではございませんのでご注意下さいませ!

連名の場合
右位置が上位となるため、年齢や職位が上の方を右から順に書いていきます。
ご夫婦など男女連名の場合は、男性が右・女性は左です。
特に順位が無い関係の場合は、五十音順で右側から記入します。(当店の場合は上から順番にご記入下さいませ)
連名で全員の名前を書くのは、当店では5名までとしております。6名以上になる場合は代表者の名前のみを書き、その左側に「他一同」と書くか、「○○部一同」や「有志一同」などとお書きください。
アルファベットを含むお名前の場合
熨斗紙の名入れは縦書きになります。アルファベットや英数字の場合、縦書きをした際に見る方によっては、上下のスペースにばらつきを感じる可能性がございます。英数字の社名やお名前におきまして、もしカタカナでも書ける場合には、カタカナでの記載をおすすめいたします。

名入れはアルファベットよりカタカナの方がおすすめです

❹ 熨斗紙のかけ方

最後に熨斗紙の種類ではありませんが、熨斗紙の掛け方には「内のし」と「外のし」の2種類がございます。

内のしと外のしの違い
「内のし」が適切な場合
「内のし(うちのし)」はお品物に熨斗紙をかけた上から包装紙でお包みする方法です。
包装紙で熨斗紙が隠れるため、お渡しする時に表書き(贈答品の目的)が見えません。主に内祝いで用いります。現在では内祝いは「お祝い返し」と捉えられていますが、もともとは「自分に祝い事があったのでお裾分けします」という意味があり、相手の祝事・慶事をお祝いする贈答品ではあ りません。そのため、控えめな表現に感じる「内のし」が内祝いでは用いられることが多いです。また、当店のように宅配便で贈答品を贈る際には、配送途中でのし紙が傷つかないよう、「内のし」がおすすめです。
「外のし」が適切な場合
「外のし」は贈答品をお渡しする際に、表書きが贈り先様にはっきりと見えます。そのため、贈り先様にどのような目的でギフトを贈ったかが明確に伝わるため、結婚・出産祝いなどは外のしが適切と言われています。

当店でご用意する熨斗(のし)の種類

当店でご用意する熨斗の種類は以下の通りです。ご希望のものがない場合は「その他(以下の「表書き・水引」の欄にご記入ください)」をご選択いただきますと、「表書き」と「水引」の欄が表示されますので、ご希望のものをご記入ください。

・結婚祝い(御結婚御祝/結びきり)
・出産祝い(御出産御祝/蝶結び)
・退職祝い(御礼/蝶結び)
・新築祝い(御新築御祝/蝶結び)
・引越祝い(御引越御祝/蝶結び)
・婚礼引出物(寿/結びきり)
・開業祝い(御開業御祝/蝶結び)
・開店祝い(御開店御祝/蝶結び)
・内祝い(内祝/蝶結び)
・結婚内祝い(内祝/結びきり)
・出産内祝い(内祝/蝶結び)
・快気内祝い(御祝/結びきり)
・御祝/蝶結び
・御礼/蝶結び
・その他(「表書き・水引」欄にご記入ください)
※和風梅水引きをご選択のお客様は通常の水引き(印刷)が『梅水引き(飾りゴム)』に変わります。

熨斗名義・名入れ

お名前の印字をご希望のお客様は「名入れ」の欄にて、お名前の印字についてご指示いただけますようお願い申し上げます。お名前のご指示をいただいていない場合には、お名前の印字無しにてお届けさせていただきます。

お品物が複数個ある場合の熨斗のマナーについて

贈り物が2点以上に分かれる場合は、どちらか1点に熨斗を付けるのが基本的なマナーとなっております。
つきましては、当店では上記のし包装のマナーに基づき、一番サイズの大きいお品物のみにのしをかけてご用意いたしております。(残りのお品物は包装紙でお包みするのみとなります)予めご了承ださいませ。

[ラッピングのまとめ方についての注意事項]
※1つにまとめての包装をご希望の場合でも、お品物のサイズ上の都合によりまとめての包装が難しい場合は、複数に分けてのラッピングにてご用意をさせて頂いております。
※専用の化粧箱の無い商品や小さな商品、また複数の商品をまとめてラッピングする場合は、袋に入れてお包みする場合がございます。
※上記につきましてご注文の際にご了承いただいているものとして、当店からの即日発送を優先いたしております為、ご確認のご案内を差し上げておりません。予めご了承くださいませ。

熨斗のお申込み方法について

レジへお進みいただきますと、ラッピングサービスの選択箇所がございます。ご利用の際は「利用する」を選択していただき、「ラッピングの種類の選択」の項目で「のし包装」をお選びください。詳しくは「ギフトラッピングのお申込み方法」をご覧ください。