日本酒におすすめなおしゃれな漆のグラス 鳥羽漆芸

漆と金箔が奏でるおしゃれで和モダンなグラスとは?

鳥羽漆芸のうるしの酒盃

商品サムネイル

[鳥羽漆芸]うるしの酒盃

税別: ¥3,000~

  • オリジナルセットあり
  • 別売化粧箱あり
  • 日本語の説明書付き
  • 英語の説明書付き

商品一覧を見る

会話に花を咲かせる漆と金箔のおしゃれなグラス

来客のおもてなしに、日本酒や焼酎を出すことがしばしばあることと思います。
日本酒をより美味しく飲むのに大切なのは「雰囲気」と「会話」。
お客様との会話が弾むような、雰囲気もよく、話題になるような日本酒が美味しく飲めるおしゃれな酒器・グラスが欲しいと思ったことはありませんか?

鳥羽漆芸の「うるしの酒盃」は、漆・金箔・ガラスの3階調によるおしゃれな酒器・グラスです。
マットな質感と和モダンなガラスデザインは洋風、和風どちらの食卓にも馴染みます。
日本酒の銘柄や産地について話しながら、この一風変わったこちらのおしゃれな酒器・グラスも話題に上がるはず。
「このガラスの中のキラキラしてるものは何?」
「これはどこの職人さんが作ったのかな?」
「日本酒を入れなくてもガラスが色味を帯びていておしゃれだね」
日本酒を楽しみながら、そんな会話が酒席に彩りを加えてくれるかもしれません。

鳥羽漆芸の酒器4種類

漆と金箔が織り成すモダンなアートなグラス

鳥羽漆芸の「うるしの酒盃」のモダンさやおしゃれさは、考え抜かれたデザインによるものです。
「日本酒に合う酒器・グラスは?」と聞かれたら、和風な酒器・グラスを想像するかと思います。
しかし、いかにも日本酒の「和」を前面に押し出した酒器・グラスと、モダンなインテリアの共存にはテーブルコーディネートに頭を悩ますことでしょう。

そんな和と洋の共存に一役買って出た"日本酒が似合う"おしゃれな酒器・グラスが「鳥羽漆芸 うるしの酒盃」なのです。
存在感の強い金箔は酒器・グラスの外側ではなく、漆の内側からガラスの透明感を通してその輝きを放ちます。
日本を象徴する漆は、全体を支えるように酒器下部に使用されています。
この静かなる強さを秘めた「和」の要素の、計算されたバランスの良い配置こそが、鳥羽漆芸の「うるしの酒盃」のオシャレさの秘密なのです。
ガラスの透明感と金箔・漆の優美さとのコントラストが、日本独自の雰囲気をモダン且つシックなデザインへと見事昇華させています。

鳥羽漆芸のうるしの酒盃を持った様子

うるしの酒盃だけの「丈夫さ」と「質感」

鳥羽漆芸の「うるしの酒盃」には、このおしゃれな酒器・グラスにしかない特徴があります。
それは、熱や水に強い丈夫さと手触りの良いマットな質感を誇る「漆」の製法です。
その製法とは、鳥羽漆芸独自の技法、「金剛石目塗(こんごういしめぬり)」。
この技法の特長は素地に漆と良質の「砂」を使ってたいへん堅牢な下地を作ることにあります。この技法は歴史的にも全国的にも金剛石目塗だけのものです。

うるしの酒盃の漆の部分のアップ

また、金剛石目塗は日常生活における製品の実用性や美しさなどが高い評価を受け、静岡県の無形文化財に指定されています。
このおしゃれな「うるしの酒盃」の漆は、ひとつひとつ金剛石目塗を用いて丁寧に仕上げられているため、美しい深みのあるマットな質感と、熱や水にも強い丈夫さを実現しているのです。
この金剛石目塗で仕上げられた漆の部分こそ「うるしの酒盃」だけの最大の特徴であるとも言えるでしょう。
"和洋折衷"という言葉がぴったりですね。「Japan」の異名を持つ漆を使用しているため、海外の方への日本のお土産にもオススメです。

うるしの酒盃が食卓に並ぶ様子

良い酒器・グラスには「良い素材」を

おもてなしとは「どうしたらその方に満足感を感じていただけるか、喜んでいただけるか」という心遣い。
お客様に満足感を感じてもらうために用いる酒器・グラスは見た目だけでなく、それを構成する素材も良いものである必要があります。
その「良い素材」の1つが「漆」です。
漆とは、うるしの木からにじみ出る樹液。1本の漆木から、ひと夏かかって採取される漆はわずか200グラム程度、これはお椀を10個程作れる量です。漆を採取した木は枯れてしまいますので、秋には根元から伐り倒し新芽を再び育てることを繰り返します。そう、漆は日本独自の大変貴重で高価な素材なのです。
その独自性から、海外では漆器を「Japan」と呼ぶこともあります。素材にも良さを詰め込んだ鳥羽漆芸のおしゃれな「うるしの酒盃」は、国境を越えて様々な人に使う喜びと満足感を与えます。

鳥羽漆芸の漆のグラスを持った様子

シンプルなのに優美な秘密は箔にあり

ガラスに漆と金箔が組み合わさった、この一見シンプルな日本酒が似合うおしゃれな「うるしの酒盃」。
それでもひしひしと感じる優美さは酒器内部の金箔にあります。
金箔は、金を微量の銀や銅とともに金槌で叩いてごく薄く伸ばし、箔状態にしたものです。
この金箔が漆の内側にあることで、ガラスと日本酒の透明感を利用し、金が放つ金色の光をガラス全体に浸透させることが出来るのです!

漆のグラスを上からのぞくと金箔が美しく輝きます

金は古くから永遠、不変を象徴するとして寺院建築や仏像彫刻に使われてきました。
私たちがこのおしゃれな酒器・グラスから優美さを感じ取れるのは、酒器全体からこぼれる金色の光を通して、日本酒の粋と日本の長きに渡る歴史の重みを感じ取れるからではないでしょうか。

日本酒が入った漆の酒器が食卓に並ぶ様子

ほろ酔いの要望があれば夕暮れ時に

日が沈む間際の薄暗さと酒器・グラスのシルエットが、透明感のあるガラスからこぼれる箔の妖艶さを際立てます。
日本酒を飲んだときの幸福感をさらに暖かく包みこんでくれるのは、金箔の高級感あふれる輝き。
多くの人が集まって日本酒や料理を楽しむ場に一つ、見て触れて楽しむアートを加えてみませんか?

夕暮れの空とうるしの酒盃

実際に手にしてみて、底面のマットな質感と艶やかな色味に心奪われることでしょう。
この満足感は鳥羽漆芸の職人技を以ってして作られた、うるしの酒盃ならではの特徴です。

晩酌で漆のグラスをもっている様子

夜の日本酒の楽しみ方

日がしずみきってしまっても、このおしゃれな「うるしの酒盃」がお客様を明るくお出迎え。
ホワイトゴールド箔の輝きはシンプルで落ち着いた雰囲気によく映え、少人数でのまったりとした晩酌にも華を添えてくれます。
おしゃれな鳥羽漆芸の「うるしの酒盃」の内側の箔は、金箔だけでなく、ホワイトゴールド箔(金と銀の合金)の2色で展開しております。
その時々の気分やテーブルコーディネイトに合わせて2種類の箔をぜひお楽しみください。

うるしの酒盃に日本酒を注ぐ様子

また、日本酒が似合う酒器・グラスを楽しむ時間は飲んでいる時だけではありません。
飲みえた後こちらの酒器の底にひょっこりと顔を出す金箔が、日本酒を美味しくいただいた余韻に浸るお客様に更なる満足感を提供してくれるでしょう。
「日本酒をもう一杯、これで。」「もうちょっと濁りのあるお酒を注いでみたいな。」
そんな期待をさせてくれる、とっておきの酒杯です。

漆のグラスをもって上からのぞいた様子

ご注意事項

  • ※ご使用後は、柔らかい布かスポンジを用いて、台所用洗剤(中性)で洗ってください。
  • ※本商品は全て職人が1点1点手作業によるお品物のため、個体差があります。予めご了承のうえご購入下さい。

名入れについて

当店ではすべてのお品物に対して、名入れサービスを承っておりません。あらかじめご了承くださいませ。

ギフトラッピングについて

想いを込めて選んだお品物は少しでもおしゃれなラッピングで渡したいもの。当店では大変ご好評をいただいております、土佐和紙をお品物の箱の上から直接掛けて紅白の水引ゴムをアクセントにつけた無料の和風ラッピングをはじめ、箱の上からリボンを掛けた洋風ラッピングや包装紙を使用した有料ラッピング、人生の節目となる慶事や弔事にふさわしい熨斗(のし)ラッピングをご用意しております。お品物によっては専用の化粧箱や、桐箱に入った商品もございます為、ぜひご活用くださいませ。※専用の化粧箱・桐箱はお品物によって異なります。ご注意ください。
上質な贈り物に相応しいラッピングにつきまして詳しくは「ギフトラッピング・のし包装について」をご覧ください。

[ご確認ください]
※専用化粧箱の無い商品や小さな商品、複数の商品をまとめてラッピングする場合は、ラッピング袋に入れてお包みする場合がございます。
※ラッピング方法につきましては当店にお任せくださいますようお願い申しげます。

無料ラッピングイメージ
無料の和風ラッピングイメージ(※お品物によって専用の化粧箱・桐箱は異なります。)

ご案内カードについて

当店でご用意するすべての商品・贈り物に「ご案内カード」を同梱しております。
カードには商品・贈り物に万が一不備や破損があった場合の連絡先として当店を記載しております。
なかなか、贈り主様に商品の不備・破損があったとのご連絡はしにくいものですので贈り先様から直接ご連絡を頂けるよう努めております。
贈り物を直接手渡しされる場合は、ご案内カードも一緒にお渡しください。万が一商品に不備があった場合、商品交換の際に必要となります。
梱包を厳重にしていますので不備・破損のないよう手配しておりますが、万が一の場合もご安心下さいませ。
なお、万が一商品に破損があった場合のご対応につきましては、お買い物ガイドの「商品に破損があった場合について」を参照下さいませ。
当店では大切なお品物を最後まで責任を持ってお届け出来るよう手配を致します。

ご案内カードの表面と裏面
ご案内カードイメージ