Sghrスガハラのair lip(エアーリップ)モダンなグラス

ふんわり可愛らしい[Sghr スガハラ]のダブルウォールグラス

ふんわり可愛らしい[Sghr スガハラ]のダブルウォールグラス

商品サムネイル

[Sghr スガハラ]エアーリップ -air lip-

税別: ¥3,500~

  • オリジナルセットあり
  • 別売化粧箱あり
  • 日本語の説明書付き
  • 英語の説明書付き

商品一覧を見る


職人の技が生み出すやさしいカタチ

スガハラのエアーリップはコロンとした丸みのある形状が可愛らしい、二重構造のグラスです。

Sghrスガハラのエアーリップグラスを手に持っている

エアーリップは型を使わずに、ガラス職人が感覚を頼りに宙で吹いたガラスを成形してつくられています。中に入っているものが浮いているようにも見えるユニークなグラスは、お料理を盛り付けて小鉢としてお使いいただいてもおしゃれ。デザートカップや冷製スープカップ、花器やキャンドルホルダーとしてもお楽しみください。

Sghrスガハラのエアーリップグラスに花を生けている

使い勝手の良い美しいグラスはデイリーからフォーマルまで、暮らしの様々なシーンでご利用いただけます。

[Sghr スガハラ]のエアーリップのご注文は日本デザインストアの通販におまかせ

  • お客様全員日本国内どこでも送料無料
  • 和風でおしゃれ!大切なギフトにふさわしいラッピングサービス
  • 日本デザインストア・オリジナルセレクトのペアグラスがおしゃれ!

[Sghr スガハラ]エアーリップのプレゼントなら日本デザインストア

スガハラのエアーリップグラスは自分へのご褒美のほか、大切な方へのプレゼントにもおすすめ。一つ一つ手仕事で作られたスガハラのスタイリッシュなグラスは高級感とハンドメイドのぬくもりを感じさせてくれます。
エアーリップは結婚祝いや新築祝い、引き出物や内祝い、母の日父の日、誕生日のプレゼントにいかがでしょうか。「ありがとう」や「おめでとう」の気持ちを伝えたい人への贈り物に、スガハラのグラスが人気です。

Sghrスガハラのエアーリップグラスと無料ラッピングをした専用箱
無料ラッピングイメージ

スガハラのエアーリップシリーズをギフトとして贈るなら、日本デザインストアがおすすめ。当店のギフト専門スタッフがお客様に代わって丁寧にラッピングし、梱包いたします。贈り物には欠かせないおしゃれなラッピングも豊富にご用意。あなたの特別なギフトシーンにふさわしいラッピングをお選びください。

日本デザインストアラッピング一例
※箱はお品物によって異なります

安心してご愛用いただくために

  • スガハラのair lipエアーリップグラスはすべて職人の手づくりです。同じシリーズのお品物でもサイズや容量には誤差を生じることがございます。また、天然の砂を主原料とするガラスの性質上、小さな気泡や脈理(すじ)がグラスに入る場合があります。一点物の手仕事品の表情としてお楽しみください。

ご使用上のご注意事項

  • ※スガハラのエアーリップグラスは耐熱ガラスではありませんが、常温の状態のガラスにポットのお湯(80℃~90℃)を注ぐなどの日常使いにつきましては安心してご使用いただけます。
  • ※急激な温度変化を加えると壊れる可能性がございます。電子レンジ・オーブン・直火で加熱することは危険ですのでおやめください。また、グラス・ボウルが熱いうちに冷たいものを入れたり、ぬれたところに置いたりすることもお避けください。

お手入れにつきまして

  • ・使い始めは食器用洗剤で洗ってください。また。ご使用後も同様に洗ってください。
  • ・ガラスを傷つけるおそれのある金属たわしや研磨剤入りのスポンジ、クレンザーなどはご使用にならないでください。破損及び、強度の劣化につながります。
  • ・傷がつきますと破損しやすくなります。ガラスどうし、あるいは硬い食器等とぶつからないようにしてご使用ください。
  • ・グラスの内面を洗う際には、内側から力を入れてひねり洗いしますと破損し、思わぬ怪我をする可能性がございます。十分ご注意ください。柄付きのコップ洗い用スポンジのご使用もおすすめです。

名入れについて

20点以上の大口注文の場合、企業名・学校名、ロゴマークなどの名入れも承っております。
記念品としてご検討中の方は「企業・事業者様専用お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。
※名入れ加工には別途料金が必要です。商品によって料金は異なります。
※商品によってはお受けできないものもございます。お気軽にご相談ください。

名入れの商品イメージ
名入れイメージ


海外への発送について

海外発送をご希望のお客様は、こちらの海外向けサイトよりご注文ください。
※同じ特集の英語ページへ移動します。一部内容が異なるページもございます。ご了承ください。

工房: