東屋のジューサー・レモン絞り器 ドレッシング器や湯冷まし器としても

あれば万能!持っておきたい東屋の波佐見焼ジューサー

東屋 南部鉄瓶

  • オリジナルセットあり
  • 別売化粧箱あり
  • 日本語の説明書付き
  • 英語の説明書付き

お客様へご案内

こちらの「東屋ジューサー」は、大変人気商品のため現在予約注文のみ受付けております。
お客様にはご迷惑をおかけし申し訳ございません・・・
ジューサーは次回2017年2月~4月入荷予定。
順次先着順に発送をして参りますが、次回入荷分も早期に完売する恐れがあります。
出荷前キャンセルも可能ですので、ご購入をお考えのお客様は早めのご注文をおすすめいたします。

お辞儀をしている女性

ご注文はお早めに!

東屋のジューサーは入手困難!思い立ったが吉日です!

伝統的な設えでありながらどこか新しさを感じさせる洗練されたデザインが人気の東屋(あづまや)の食器や道具。実はベストセラーの印判豆皿や水沢姥口鉄瓶などと並ぶほど人気なのが、こちらの「ジューサー・レモン絞り器」なのをご存じでしたか?
人気の理由は後程ご紹介をしますが、特筆すべきは「柑橘類の絞りやすさ・美しい見た目・ジューサーの万能性」。一度ご自身で使ったらこのジューサー・絞り器はキッチンやテーブルのスタメン。気に入ってご友人へのプレゼントや結婚祝いとして贈られる方がとっても多いのです。

日本デザインストアでもなるべく常時在庫があるように仕入れておりますが、残念ながら製造の都合上、1度の入荷で3~5点しか入ってきません
なるべく待たずに買いたい!ネーブルやミカンの時期にフレッシュジュースを作りたい、柚子で自家製のポン酢を作りたい!と思ったら、季節を問わず在庫があるときにご購入いただくことおすすめいたします。

本当は一度に数十個入荷すればいいのですが、製造方法は長崎の波佐見焼職人さんによる1点1点の手作り。実はこちらの東屋のジューサー・絞り器は一日当たりたった6個しか生産ができない商品なのです。大量生産品ではなく入手困難なお品物のため、こればっかりはどうしようもないのですよね(泣)
他のメーカーさんとは一風異なるモダンで洗練されたデザイン、細かいところまで使い勝手を追及したのが東屋のジューサー・レモン絞り器の特徴。
タイミングによっては半年間の在庫待ちになる場合もございますので、購入をご検討の方は早めの購入をおすすめいたします。

これ一つでジュースもポン酢もドレッシングも

東屋のジューサー・レモン絞り器は、これ一つでジュースもポン酢もドレッシングも作れてしまう優れもの。ポン酢やドレッシングなどは、果汁を絞ってだしや醤油をポットに入れて混ぜたらそのまま食卓に出せる、という一連の流れまでを考えて作られています。
ジューサーは片手で楽々扱える大きさで、硬質な磁器はさっと洗えて清潔感もばっちり。シャープな曲線を描く柑橘類の絞り器と、ハンドル付きのポット・ジャグがセットになっています。
東屋のジューサー・レモン絞り器は、半切りのレモンが最後の一滴まで搾れるようにと、研究を重ねてつくられた絞り器のかたち。もちろんジューサーは柚子やネーブル、グレープフルーツなど、レモン以外の果物でも使えます。
グレープフルーツのように絞り器の凸部に対して大きめの果物でも、皮が柔らかければ、余すことなく搾ることができますよ。

真っ白なジューサーは波佐見焼

東屋のジューサー・レモン絞り器は、真っ白で透き通るような美しさが特徴の波佐見焼(はさみやき)。
もともと九州の長崎県(波佐見焼)や佐賀県(有田焼)、熊本県は硬くて白い陶石の一大産地。こちらの波佐見焼は熊本産の天草陶石を使って作られています。
少し青みを帯びた白の色合いは和食器でありながらもシンプルなフランスのリモージュ食器のようにも見えますので、和食だけでなくフレンチやイタリアンなどのメニューにもよく映えますよ。

見た目の美しさは使い勝手にも

まず東屋のジューサーを見て思うのは、「シンプルなのによく考えられたデザイン」であるということ。言ってしまえばこちらのジューサーも「何の変哲もないシンプルなジューサー」なのですが…手に取って見てみるとコロンとした丸みを帯びたポットフォルムがとっても可愛らしい。
さらに肝心のレモン絞り器の部分は一切の装飾がなく、すっと切れ目が立ち上がった洗練された美しさ。絞り器は手が滑ることもなく、無理な力をかけなくてもスルスルと搾れて、果汁と細かな粒だけをきれいに漉し取ることができます。
ジューサーは陶磁器製のため電動ジューサーのように熱が加わらないので、ビタミンが壊れにくく、素材の天然の甘みを感じることができますよ。

なんだか絞り器の部分を眺めていると現代彫刻のように見えるほどスタイリッシュなので、「よく考えられて作られているんだろうなぁ」と感心をしてしまいます。東屋さん曰く、このレモンの絞り器の部分も、果汁の搾りやすさを追求し何度も試作を繰り返し、ようやくできた形なのだそう。
そしてさらに、このジューサーには職人と東屋さんによる並々ならぬ努力の結晶が詰まっているのです。

注いでみたら…垂れないんです!

ぽってりとしたガラスの絞り器や、プラスチックのジューサーは、果汁をグラスに移すときにジュースが垂れてしまいませんか?もしくは、垂れても仕方がないと思っていませんか?
実はこの東屋のジューサーは、ポットの注ぎ口を職人が1つ1つ手で削り、さらに釉薬を薄くかけることで液切れの良さを追求しているのです。
現在では液体をはじきやすくする化学塗料による処理もできるのですが、東屋さんのポリシーは「素材と技術に嘘はつかない」。
たとえ職人さんの手間がかかるとしても、そこには妥協せず、「長い時間の裏付けにより『安全ですよ』と言える素材を用いています。また確かな腕の職人さんであれば、技術による解決ができます。」と、あくまで安全性にこだわり作っているのです。

東屋のジューサー3つのおすすめポイント

  1. Point.1とくかくよく搾れる

    いままで普段から手動のジューサーを使っていらっしゃった方ほど、これは実感ができるかと思います。鋭利でシャープ(といっても、ナイフのように危険なわけではありません)な陶磁器の絞り器は、兎にも角にも柑橘類がよく絞れる。ジューサーとポット部分もかっちりはまり、安定しているのもポイント。
    それこそレモンなどは外皮以外は全部絞ったんじゃないのか??とおもってしまうぐらいスルスルと絞れてしまいます。しかも…一度絞ってみると癖になりそうな感覚。日々の食卓にフレッシュな果汁、そしてジューサーの出番が増えること間違いなしです。
  2. Point.2さっと使えてさっと仕舞えるから出番も増える

    ジューサーって毎日使うのかな…?と思ったら、それこそこの東屋のジューサーがお勧めです。
    大きな電動ブレンダーやジューサーと違い、使わない時は食器棚にしまっておくだけ。使う時も他の容器や食器に移すことなく、ポットをそのまま食卓に出せる。
    さらに使い終わった後も、普段の食器と同じよう洗えば、果実の目詰まりなどを気にすることなくさっと汚れが落ちる。使う前から使った後までの一連の流れの中で無駄やロスが一切無いため、ストレス無く使うことができますよ。
    だからこそ出番も増え、手元にジューサーが届いたその日から、フレッシュな果汁を楽しむことがきるのです。「ジューサー一つで人生がちょっと変わるかも?」なんて大げさですが、それぐらい食卓が変わるアイテムです。
  3. Point.3磁器製だからずっと衛生的

    ジューサーを使っている方であればご存知かと思いますが、プラスチックなどの樹脂のジューサーは使っていると、だんだん柑橘類のにおいが移ってしまったり、樹脂に傷がついて変色してしまったりと、使い込む度に衛生面が少し気になってしまうもの。
    また金属製のブレンダーやミキサー、ジューサーでも金属製の刃の匂いうつりが気になったり、金属と樹脂の間に溜まるゴミやカスが気になったりと…。特に小さなお子様へのジュースを作る方ですとより衛生面が気になるのかもしれません。
    その点、東屋のジューサーは陶磁器製のため匂い移りや傷がつく心配はありません。また機械ではないためパーツ同士のつなぎ目も無く、使用後のお手入れはいつもの食器と同じようにサッと洗うだけ。しかも食器洗浄、乾燥機の使用も問題ありません。
    レモンスカッシュやオレンジジュースなど、フレッシュなものを楽しむからこそ、衛生面でも安心して使えるジューサーがいいですね。

こだわりを持つ方への贈り物にも

丁寧な暮らしを送る方にとって、とれたての新鮮なフルーツでジュースを作ったり、ポン酢やドレッシングを手作りする際に便利なアイテムはうれしいもの。
とはいえ、自分ではなかなかシトラスジューサーや絞り器を買うという機会は無いため、結婚祝いや引っ越し祝いのプレゼントでジューサーを贈るのもおすすめです。
東屋のジューサーなら、上下を別々に使うことができますので、ジューサーとしてだけでなくポットや小さなピッチャーとして長くご愛用頂けます。
結婚祝いのプレゼントの際には、同じく陶磁器である1616/arita japanの「これ一枚でカフェ風プレート 有田焼のおしゃれな白いお皿」と合わせて贈っても素敵ですね。受け取ったその日から、白色の食器の組み合わせでさわやかなサラダやオードブルをお楽しみ頂けますよ!

東屋とは?

東屋(「あづまや」)(実は「あずまや」ではありません。)は日本古来の技術と素材を活かし、細部までこだわった食器や日用品をプロデュースする創業1997年のブランド。東屋代表の熊田さんはアメリカでの長い海外生活を経て、日本の工芸品の魅力を再認識し東屋を創業しました。
創業以来「長く愛着を持って使える商品・素材や技術に妥協しない工芸品」を信条に、一貫したこだわりと熟練した日本各地の職人技術を活かしたプロダクトの開発・改善を行っています。
こちらの「シトラスジューサー・レモン絞り器」からも見て取れるよう、東屋の食器や日用道具は日本の伝統的な文化や工芸の技術を継承しながらも洗練された美意識をもち、懐かしいのにどこかモダンな空気感を生み出すのが特徴。丁寧に丹精込めて作られたジューサーは、手で触れ使い込むほどに、日本の伝統文化に基づく美意識やものづくりの原点を気づかせてくれるでしょう。

ギフト・贈り物にも安心のご案内カード付き!

当店でご用意するすべての商品・贈り物に「ご案内カード」を同梱しております。
カードには商品・贈り物に万が一不備や破損があった場合の連絡先として当店を記載しております。
なかなか、贈り主様に商品の不備・破損があったとのご連絡はしにくいものですので贈り先様から直接ご連絡を頂けるよう努めております。
贈り物を直接手渡しされる場合は、ご案内カードも一緒にお渡しください。万が一商品に不備があった場合、商品交換の際に必要となります。
梱包を厳重にしていますので不備・破損のないよう手配しておりますが、万が一の場合もご安心下さいませ。
なお、万が一商品に破損があった場合のご対応につきましては、お買い物ガイドの「商品に破損があった場合について」を参照下さいませ。
当店では大切なお品物を最後まで責任を持ってお届け出来るよう手配を致します。

ご案内カードの表面と裏面
ご案内カードイメージ