セラミックコーヒーフィルター Caffe hat(カフェハット)

お水も美味しくする!?ペーパー要らずのコーヒーフィルター

224ポーセリン カフェハット

商品サムネイル

[224porcelain]カフェハット

税別: ¥3,500

  • オリジナルセットあり
  • 別売化粧箱あり
  • 日本語の説明書付き
  • 英語の説明書付き

商品一覧を見る

ゆったりとコーヒーを淹れる時間も楽しい、ハンドドリップのこだわりコーヒー。
ペーパーフィルターから始まり、次はネルフィルターを使ってみようかな?と思う方も、こちらのフィルターはまだ使った事は無いのではないでしょうか?
さりげない遊び心と機能性を兼ね備えた陶磁器のアイテムで近年注目を浴びている、224 porcelain(ニーニーヨン ポーセリン)のセラミック製のコーヒーフィルター、カフェハット。
紙の要らないコーヒーフィルターは、エコなだけでなく、水を美味しくしてくれるという嬉しい機能つきです。
人とはちょっと違うフィルターを試してみたいという方にぴったりなCaffe hat(カフェハット)の魅力をご紹介いたします。

224 porcelain(ニーニーヨンポーセリン)とは

224 porcelain(ニーニーヨンポーセリン)は、日本有数の温泉地、またお茶どころとしても知られる佐賀県嬉野市(うれしのし)で400年以上の歴史を持つ「肥前吉田焼(ひぜんよしだやき)」をベースとして作られる、オリジナルの陶磁器ブランドです。
地理的に佐賀の有田や長崎の波佐見といった陶磁器の産地に近く、その下請けとしてあまり世に出ることはありませんでしたが、知る人ぞ知る存在として長年その技術を影で磨いてきました。
224 porcelainはそんな肥前吉田焼をベースに生まれた新しい磁器ブランド。
有田焼の絵付けのような独自の「様式」というものが無く、自由な発想のもと新しいものづくりにチャレンジをしています。

さりげない遊び心と機能性を兼ね備えたアイテムは、プロダクトデザイナーの五島史士氏と馬渕晃氏、そしてつくり手でもある辻諭氏の3人によるもの。デザインから製造までを一貫して行うアイテムは小皿、花瓶、コーヒーフィルターなどの多岐に渡ります。
どれも陶器本来の美しさを残すシンプルで機能美を兼ね備えたアイテムばかり。
3人のオリジナリティを大事にしながら、他の産地やメーカーにないもの、素材をいかすこと、そして使う人の心を豊かにする器を作成しています。

224ポーセリンについて

コーヒー器具にこだわるなら

1杯のコーヒーを作るのに、手間とひま惜しまずにとことんこだわる。グァテマラやケニア、コロンビアなど豆にこだわる方も入れば、ハンドドリップ、フレンチプレス、イタリア製のエスプレッソマシーンなど淹れ方にこだわる方、それから自分で豆を焙煎してしまう方など、その愉しみ方は無限大。
そして一通り産地別のコーヒーを楽しみコーヒー器具を揃えたら、今度は少し違うものを試してみたい…と思うのがコーヒー好きの方の心理ではないでしょうか。
コーヒーの世界は奥が深い、そんな風に感じる瞬間です。
今回はそんなコーヒーラヴァーの方に、珍しくてお得な気分になれるちょっと変わったフィルターをご紹介します。

224ポーセリン カフェハット

人とは違うセラミックのフィルター

そこに佇む姿はコロン、というよりもゴロン。
黒くて、ちょっと無骨なスタイルがこだわりを感じさせるセラミック製のフィルターcoffe hat(カフェハット)です。
柔らかな円錐状のフォルムは確かに帽子のようですね。
ペーパーやネルのフィルターを必要としないこちらのフィルター、その原理は多孔質のセラミック。
無数にあいたミクロの穴が不純物をのぞき美味しいコーヒーを抽出するという、まるで実験道具のようなワクワクするコーヒー器具です。

クローバーデザインの秘密は?

セットのコースターはシンプルで可愛らしいクローバーのデザイン。
マグカップに注いだコーヒーの量が確認できるように考え抜いた末に採用された形です。
注ぐたびにフィルターを持ち上げて、量を確認する手間を省けますね。
コースターの裏面は、マグカップとフィルターが安定するように溝を作り、ずれ落ちないように工夫もされています。とことん使いやすさを追求したアイテムです。

モダンなプレート皿

美味しさと使いやすさへのこだわり

  1. Point.1フィルターが水を美味しくする

    224 porcelainセラミックフィルター、カフェハットはお水を美味しくする浄水機能も持ち合わせています。
    その秘密は遠赤外線と多孔質による効果。遠赤外線効果と直径約40ミクロンという微笑な穴が水のカルキ臭や不純物を取り除き、まろやかで雑味のない水を作り出します。
    コーヒー以外にも、緑茶や紅茶を淹れる前の水、日本酒などフィルターに通すことで雑味のないまろやかな味わいが楽しめます。

  2. Point.2紙フィルターと同じ速度で抽出できる

    セラミックのコーヒーフィルターは、紙のフィルターと同じ速度でドリップできるように陶器の厚みにこだわり、何度も試作品を作って完成しました。
    一見シンプルなデザインでありながらも、きちんと美味しいコーヒーを入れるための秘密が隠されているのですね。

セラミックフィルターでのコーヒーの入れ方

このフィルター、どうやってコーヒーを淹れるの?というのが第一印象ではないでしょうか?
答えは簡単、コーヒーを入れたいマグカップやコーヒーポットの上にクローバー形のコースターをのせ、その上にセラミックフィルターをセット。
後はいつものペーパードリップをするように、コーヒー粉をフィルターに入れて、上からゆっくりとお湯を注ぐだけです。
コーヒー粉の荒さによっては目詰まりすることもありますが、使用後にオーブントースターまたはガスコンロの直火で焼けば、詰まったものが灰となって落ち、半永久的に使うことができます。

arita TYスタンダード

スタッフが実際に使ってみました!

  1. Step.1まずは水道水でためしてみる

    このフィルターでコーヒー淹れてみたい!とはやる気持ちを抑え、まずは水道水を通して飲んでみました。
    こういった実験の様な事をするのは久しぶりなので、ドキドキします!
    まず香り、普通の水道水と比べると、確かに水道水独特の少し苦い様な香りが軽減されたように感じます。
    飲んでみると、普通の水道水がまろやかになったような…?
    筆者は自分の目の前でフィルターを使ったので、そう思ったのかもしれません。試しに、他のスタッフに2つを飲み比べてみてもらいました。

    コーヒーミルで香りを堪能
    雑味が減って、後味スッキリ!

    自称、「シャンパンとスパークリングワインの違いは見分けられる!」というスタッフを呼び、透明なグラスで飲み比べをしてみました。
    まずは香り。「こっちが水道水で、こっちがフィルターを通した水かな?」と、第一声で正解が出ました。
    続いてお味。「うん、飲んだ後の雑味が少ないから、ぜったいこっちがフィルターを通した水!」とこちらも正解。
    飲んだ瞬間の味の違いもあるようですが、どちらかと言うと飲んだ後に雑味が残らない、というスッキリ感に違いが出るようです。
    これはコーヒーを淹れるのにも期待が高まります。

  2. Step.2豆は粗挽きを使用

    せっかくこだわりのコーヒーフィルターですので、豆を自前で挽いて用意してみました。
    コーヒーの粉が細か過ぎるとフィルターに目詰まりしやすい、という事でしたので中粗位で豆を挽いてみました。
    ちなみに豆はオーナーの好みでマンデリンを選択。
    いつも飲んでいる豆だと比較をしやすくて良いかもしれませんね。

    自前で豆を挽きました
  3. Step.3コーヒーがドリップできます

    ハンドドリップの基本を抑え、まずお湯を注いで30秒程コーヒー豆を蒸らします。
    ふんわりとコーヒーの粉が膨らんで来たところで、真ん中からお湯をさしたところ、ペーパーフィルターと同じようにポタポタとコーヒーが抽出されてきました。
    心配していた目詰まりもなく、無事に1杯分を淹れる事ができました!

    ハンドドリップでコーヒーを

    気になるお味は?

    セラミックフィルターで淹れたコーヒーの気になるお味は…お水と一緒で、後味すっきり!な一杯に仕上がりました。味、香りはペーパーフィルターと同じようにしっかりと美味しく仕上がっています。

  4. Step.4後片付けは水洗いでOK

    使い終わった後は、抽出した後のコーヒー粉を取り除き、水洗いをします。
    このとき、洗剤を使うと多孔質の穴が成分を吸収してしまうので、お水かお湯で洗い流して下さいね。

ちょっとしたコツで永遠に使える、お手入れの仕方

フィルターが目詰まりしてしまったり、古いコーヒーの臭いが気になるようになってきたら「火あぶり」の出番です!
ガスコンロの直火かオーブントースターで煙が出るまであぶって下さい。
フィルターの穴の隙間に詰まったコーヒー粉の残りや臭いの原因を焼き切ります。
何度でも繰り返し焼き切れるので、半永久的に使えます。
紙フィルターも要らないエコなコーヒーフィルターですね。

海へ、山へ、アウトドアへ連れて行きたい

美味しい空気、綺麗な景色の中で淹れたての美味しいコーヒーを飲みたい!そんな風に思った事はありませんか?でも他の荷物もあるのに色々持っていくのは少し面倒、かといってインスタントコーヒーだとなんだか味気ないし…。
そんな時は紙とドリッパーを持っていかなくても、このカフェハットを1つ持っていくだけ美味しいコーヒーを淹れる事ができます。
せっかくなので炭火で豆を焙煎し、その場でミル挽き、そしてカフェハットでコポコポとコーヒーを淹れれば青空カフェの完成!アウトドアでしか味わえない、手作りの1杯を楽しめます。

さらにキャンプやバーベキューなど炭火や直火のコンロや使う場所であれば、先程ご紹介した通り、そのまま熱して使用後のお手入れもできてしまいます。
シンプルでエコなデザインは海や山にも馴染むナチュラルなアイテム。コーヒー好きでアウトドア好きの男性へのギフトにしてもきっと喜ばれることでしょう。

赤、白、青の美しい3色

ご注意事項

  • ※本商品は全て職人が1点1点手作業によるお品物のため、個体差があります。予めご了承のうえご購入下さい。

名入れについて

当店ではすべてのお品物に対して、名入れサービスを承っておりません。あらかじめご了承くださいませ。

ギフトサービスについて

ギフトラッピングイメージ

ギフトラッピング

日本デザインストアでは贈り物に相応しい上質なラッピングをご用意しております。手提げ袋のご用意も。

ご案内カード

ご案内カード

万が一のときにも安心!全てのお品物に当店の連絡先を記載したご案内カードを同梱しております。