曲がる食器すずがみで寿司パーティー 伝統工芸品

あっと驚く曲がる食器 すずがみで寿司パーティー

ちらし寿司コーディネート

カラフルな食事が際立つすずがみテーブルコーディネート

こちらのテーブルコーディネートの食器は、シマタニ昇龍工房すずがみ廣田硝子花蕾 大正浪漫硝子など無彩色で揃えているのが特徴です。
無彩色とは、色相・明度・彩度のうち、明度だけをもつ「黒・灰・白」のことです。
無彩色の食器たちは、色とりどりのカラフルなご飯と相性が良いのです。

さらに、無彩色でありつつも、「錫でできたすずがみ」「乳白色の模様が浮かび上がる大正浪漫硝子」と、それぞれの食器は個性満点。
それが「さりげないお洒落感」を演出している秘密です。

ちらし寿司とマッチするテーブルコーディネート

すずがみでワンランク上の大人なパーティー

syouryuの曲がる錫のお皿すずがみと、廣田硝子の大正浪漫硝子のグラスとお醤油差しを合わせてみたら、ちらし寿司がこんなに大人っぽくなりました。
「気取って見えないのにお洒落」って素敵です。
「今の自分のライフスタイルにすっと馴染んでくれる、そんな"良いモノ"たちに囲まれて過ごしてみたい」
誰しもが持つそんな願いを、美しい日本の伝統工芸品でお手伝いできれば幸いです。

ちらし寿司とマッチするテーブルコーディネート

当店流のパーティーを、ご自宅でも。

「写真の世界観をそのまま自分の家で再現したい」
そんなご要望にお答えして、お写真に写っている食器のセットを作りました。
syouryuの曲がる錫のお皿すずがみと、廣田硝子の大正浪漫硝子のグラスとお醤油差しを合わせてみたら、ちらし寿司がこんなに大人っぽくなりました。

セットをご購入の方へ当店オリジナル特典!

さらにこちらのセットに、すずがみを平らに戻すときに便利な木の棒、「ころ (大) 1点」をお気持ちとしてお付けいたします。

ちらし寿司とマッチする食器セット

syouryuのすずがみ / 廣田硝子の花蕾 / 廣田硝子の醤油差し

syouryuのすずがみ こだわりポイント

すずがみ テーブルコーディネート
  1. Point.1すずがみはアレンジ自在

    すずがみは食器として使うのはもちろん、四方を折り込んでアクセサリートレイにしたり、丸めてドライフラワーの花瓶にすることもできます。必要な時に必要な形にできるのが、すずがみの特徴です。

    すずがみ アレンジ
  2. Point.2すずがみは繰り返し使える

    すずがみはお好みの形に曲げた後は、「ころ」を使ってテーブルの上で伸ばせば、簡単に平らな状態に戻すことができます。曲げて、伸ばして、何度でも大切にお使いいただけます。

    何度も使える、すずがみ

    セットをご購入の方へ当店オリジナル特典!

    さらにこちらのセットに、すずがみを平らに戻すときに便利な木の棒、「ころ (大) 1点」をお気持ちとしてお付けいたします。
    すずがみを形作って、ころで平たく伸ばして、収納して。そんなサイクルが、私たちの毎日をより心地よいものにしてくれます。

  3. Point.3伝統的な和物を現代風にアレンジ

    すずがみの種類
関連商品

シマタニ昇竜工房とは

明治時代から続く、歴史ある工房

明治42年創業以来、寺院用のりんを専門に製造している工房です。

熟練の職人が、ひとつひとつ作成

「すずがみ」と、通常のスズの板との違い。
それは、全国に10人に満たないりん職人のうち、3人の熟練の鍛金職人が金槌で「叩く」ことで、曲げ伸ばしによる劣化が少なくなっているところにあります。
だから、曲げ伸ばしを繰り返してもずっと大切に使えるのです。

シマタニ昇竜工房とは

廣田硝子の「大正浪漫ガラス」 こだわりポイント

廣田硝子
  1. Point.1美しいオパール色は、塗料ではないのです

    ガラスの中に特殊な原料を入れ、急激な温度差を与えることによって、金型と接した部分のみを乳白色に発色させる技法を用いています。
    そのため、塗料で着色されたものとは異なり、手で触れたときツルンとした仕上がりになっています。

    大正浪漫ガラスコップ
  2. Point.2花のつぼみを模したフォルム

    ガラス工房 廣田硝子の「花蕾(カライ)」は、その名の通りお花のつぼみをイメージした優美なシリーズです。
    ふんわりと丸いモダンなフォルムは、和食・洋食どちらにも合い、使えば使うほど愛着が沸いてきます。

    ヒロタガラス 大正浪漫
  3. Point.3液ダレしにくいお醤油差しと一緒に

    「ガラス製の醤油差しって、液ダレしないの?」そんな疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
    当店スタッフがこちらの醤油差しにお醤油を注いで使ってみたところ、液ダレしにくく、大変使い勝手が良かったです。

    醤油差し

廣田硝子とは

世界からも注目されるガラス工房

廣田硝子は、明治32年創業から続く、東京錦糸町の老舗ガラス工房です。そのクオリティは、国内外で高く評価されています。

大正浪漫ガラス手作りのこだわり 乳白硝子のあぶり出し技法

オパールガラスを巻きつけたベースを、凹凸の模様のついた金型に吹き込みます。
再び窯の中で高温で熱すると、徐々に模様が浮かびあがってきます。柔らかくなったガラスを凸凹のない金型に吹き込むことで、表面が滑らかになります。
このとき急激に冷やされた温度差で、オパールが発色し、絵柄が浮かび上がります。伝統の職人技術を用いた逸品です。

廣田硝子とは

ギフトサービスについて

ギフトラッピングイメージ

ギフトラッピング

日本デザインストアでは贈り物に相応しい上質なラッピングをご用意しております。手提げ袋のご用意も。

ご案内カード

ご案内カード

万が一のときにも安心!全てのお品物に当店の連絡先を記載したご案内カードを同梱しております。