錫婚式・花婚式のプレゼント・記念品に日本のいいものを

錫婚式・花婚式にいつまでも美しく輝き続ける錫の逸品を

錫婚式・花婚式のプレゼント・記念品に日本のいいものを

大切なパートナーとの絆に感謝し、また気持ち新たに二人の幸せを願う結婚記念日。日本デザインストアでは創業時より婚礼引出物や結婚内祝い結婚祝いなど、数多くのウェディングギフトのご用命を頂き、お客様の幸せなシーンに花を添えるお手伝いをさせて頂いてまいりました。

そして近年少しずつ人気が出てきているのが、結婚10周年の結婚記念日「錫婚式(すずこんしき)」の贈り物や記念品、プレゼントに錫製品のご注文を頂くという事。
また、結婚4周年の結婚記念日「花婚式(はなこんしき)」に「10周年の錫婚式に向けて、枯れない花を…」と錫で作られたお花をご購入されるお客様もいらっしゃいます。
錫婚式や花婚式のプレゼント・記念品は、ご主人(夫)から奥様(妻)へのプレゼントとしてご購入される場合もあれば、お二人で記念にと一緒にご購入をする場合もあります。
また、仲の良いカップルやお世話になっているご夫妻への結婚記念日に、と贈られる場合も多いのですよ。

そこで、「日本製、高品質、デザイン性、希少性」の4つの厳しい選定基準をクリアした日本の伝統工芸品や地場産品のみを扱う当店にて、錫婚式や花婚式におすすめなお洒落な錫製品をご紹介。お二人の大切な記念日にこそ、朽ちることなく永遠に輝き続ける錫製品を贈りませんか?

錫婚式、花婚式とは?

さて「銀婚式や金婚式は聞いたことはあるけれど、錫婚式とは…?」と思った方もいらっしゃると思いますので、一度ここで錫婚式や花婚式など、結婚してからの期間によって呼び名の変わる結婚記念日についてご紹介を致します。

実は私も錫婚式と花婚式の記念品のプレゼントをお客様からご用命頂くまで、錫婚式や花婚式という言葉を知りませんでした。結婚の記念日について調べますと、なんと1年目から75年目まであるではないですか!
25歳でご結婚された方であれば100歳。40歳でご結婚された場合は115歳までお二人で元気で過ごしていたら、プラチナ婚のお祝いができるのですね。(余談ですが、この時点でバイヤーはプラチナ婚をあきらめました…)
1年目から20年目までは身近な物や素朴な素材が記念日の象徴とされていますが、25年目からは銀、真珠、サンゴ、ルビーと硬く光り輝く鉱物(高級な素材)になっていくのが興味深いです。やはり結婚の年数が経過するにしたがって、二人の堅い絆を素材として硬く希少価値の高いものに重ね合わせていくのでしょうね。

  • 1年目の結婚記念日:紙婚式
  • 2年目の結婚記念日:綿婚式
  • 3年目の結婚記念日:革婚式
  • 4年目の結婚記念日:花婚式
  • 5年目の結婚記念日:木婚式
  • 6年目の結婚記念日:鉄婚式
  • 7年目の結婚記念日:銅婚式
  • 8年目の結婚記念日:ゴム婚式、青銅婚式、電気器具婚式
  • 9年目の結婚記念日:陶器婚式
  • 10年目の結婚記念日:アルミ婚式、錫婚式
  • 11年目の結婚記念日:鋼鉄婚式
  • 12年目の結婚記念日:絹婚式、亜麻婚式婚式
  • 13年目の結婚記念日:レース婚式
  • 14年目の結婚記念日:象牙婚式
  • 15年目の結婚記念日:水晶婚式
  • 20年目の結婚記念日:磁器婚式
  • 25年目の結婚記念日:銀婚式
  • 30年目の結婚記念日:真珠婚式
  • 35年目の結婚記念日:珊瑚婚式
  • 40年目の結婚記念日:ルビー婚式
  • 45年目の結婚記念日:サファイア婚式
  • 50年目の結婚記念日:金婚式
  • 55年目の結婚記念日:エメラルド婚式
  • 60年目の結婚記念日:ダイヤモンド婚式
  • 75年目の結婚記念日:プラチナ婚式

錫婚式とは?

錫婚式(すずこんしき)とは結婚10周年を祝う式で、金属の「錫(すず)」のように美しさと柔らかさを兼ね備えたしなやかな夫婦の関係性・絆を願う意味が込められています。錫は金、銀に次ぐ高級素材。日本では古くから神事などにも使われる神聖な素材として大切に扱われてきました。
錫婚式のお祝いのプレゼント・記念品には文字通り「錫」の食器やインテリアグッズなど錫製品が定番です。錫のビアカップや酒器は、中に入れる飲み物の雑味やえぐみをとりまろやかにし、また液体の温度が変わらず最後まで美味しく飲めることから、お二人の夫婦の関係性も変わらないようにという想いを込めて贈ります。

錫のビアカップや酒器がおすすめな理由

錫のビアカップや酒器で飲むお水やお酒は、まろやかで美味しくなると言われています。そう、錫のグラスやコップは、古くから「お水やお酒を美味しくする」と言われているのです。
錫はもともと金属分子が大きく、液体中の不純物を取り除き雑味を吸収する作用があるためです。また、辛口の日本酒やワインでは「フーゼル油」に反応をするため、辛さを和らげると言われています。
また、錫は熱伝導率が高いため、酒の温度がコップやグラス全体に伝わります。
冷たいビールや日本酒を楽しみたい場合は、使う前にほんの1~2分だけ、錫の器を冷蔵庫で冷やして下さい。それだけで、飲み物の冷たさを長く保つことができます。
また、人肌に温めたぬる燗であれば、錫の器の温度が肌に馴染み、なんとも言えない心地よさを味わえます。
結婚10周年の錫婚式を祝い、暑い夏も寒い冬も、お二人で一緒にくつろぎの時間を楽しんで下さいね。

能作のKuzushi

錫婚式のお祝いにぴったりな錫の記念品・プレゼント

錫婚式のお祝いの定番の錫の食器から、ちょっと変わった錫製品・インテリアグッズまで広くご紹介を致します。どのお品物も、錫の鋳造で有名な富山県高岡市の工房より取り寄せております。
おしゃれでモダンな錫が、お二人の「いままで」と「これから」にそっと寄り添います。

ギフトサービスについて

ギフトラッピングイメージ

ギフトラッピング

日本デザインストアでは贈り物に相応しい上質なラッピングをご用意しております。手提げ袋のご用意も。

ご案内カード

ご案内カード

万が一のときにも安心!全てのお品物に当店の連絡先を記載したご案内カードを同梱しております。