古希・還暦・喜寿・卒寿、伝統工芸品の長寿祝いのプレゼント

年を重ねるからこそ相応しい、ワンランク上の日本の逸品

古希・還暦・喜寿・卒寿、伝統工芸品の長寿祝いのプレゼント

心から喜んでもらえる長寿祝いのプレゼントとは?

日本には生まれ年の干支に還る満60歳の「還暦(かんれき)」を迎えると、数年ごとに長寿を祝う節目の年齢があります。
還暦のお祝いでは「赤色のものを贈る」などの風習がありますが、実は還暦以外ではどのようなお祝いのプレゼントを贈るかは明確な風習やマナーなどはありません。
しかし、60歳、70歳、80歳と年を重ねるうえで、モノはもうそれほど必要ではなく、自分自身やこれまでの人生と重ね合わせ「上質でお気に入りのものだけに囲まれる暮らしをしたい」という方も多いのではないでしょうか。

日本製・高品質・デザイン性・希少性」という4つの厳しい選定基準で日本各地から選ばれぬかれた日本デザインストアの商品は、そんな上質な長寿祝いのプレゼント・贈り物に相応しいものばかり。いつまでも若々しくアクティブなご両親やお祖父様、お祖母様へのおしゃれなプレゼントに最適な逸品をご紹介致します。

傘寿、米寿って何歳?長寿祝いとは?

一番分かりやすい長寿のお祝いは、おそらくみなさまご存じの通り「還暦(かんれき)」。
その昔人生50年と呼ばれていた頃、満60歳を迎えるのは大変稀で、さらなる長寿への願いを込めて親族で還暦祝いをする風習がありました。
還暦の後には70歳の古希(古稀)、77歳の喜寿などの長寿のお祝いが続きますが、普段あまりなじみがない言葉だと「何歳がどのお祝いなのか?」「どういう名称(言い方)なのか?」分からないものですよね。
そこで、こちらではそれぞれの長寿祝いの種類と、お祝い方やお祝いのお品物についてご紹介を致します。

長寿のお祝いの種類

長寿を祝う節目の年齢は本来数え年で祝いますが、現在では分かりやすさから満年齢で祝うことが多くなってきています。(とはいえ、還暦だけは数え年で61歳、満年齢60歳でお祝いします。)

  1. Oiwai.1還暦(かんれき)…61歳(満60歳)

    生まれた年の干支に還ることから、「暦が還る」=「還暦(かんれき)」と呼ばれるようになりました。赤色が長寿祝いの色とされており、プレゼントや記念品に赤い頭巾やちゃんちゃんこを着る風習もあります。
  2. Oiwai.2古希(古稀・こき)…70歳

    現代では還暦を無事に迎えられる方も増え、還暦よりも古稀の方が本格的な長寿の祝いと考えられています。「古稀」とは中国の唐時代の詩人、杜甫(とほ)の詩の一節である「人生七十古来稀なり」が由来であり、プレゼントや記念品には紫色のアイテムが長寿祝いの品物とされています。
  3. Oiwai.3喜寿(きじゅ)…77歳

    喜寿は「喜」という字の草書体が、「七」を3つ重ねた形になり七十七と読めることに由来しています。また「喜ぶ」という縁起の良い言葉との語呂もあるのでしょうね。古稀と同じく、プレゼントには紫色のアイテムが長寿祝いの色とされています。
  4. Oiwai.4傘寿(さんじゅ)…80歳

    傘寿は「傘」の略字が八と十を重ねた形で「八十」と読めることに由来しています。プレゼントや記念品には色黄(金茶)のアイテムが長寿祝いの品とされています。
  5. Oiwai.5米寿(べいじゅ)…88歳

    米寿は「米」の字をくずすと「八十八」と読めることに由来しています。傘寿と同じくプレゼントや記念品には黄色(金茶)のアイテムが長寿祝いの品とされています。
  6. Oiwai.6卒寿(そつじゅ)…90歳

    卒寿は「卒」の略字である「卆」が九十と読めることに由来しています。プレゼントや記念品には白色のアイテムが長寿祝いの品とされています。
  7. Oiwai.7白寿(はくじゅ)…99歳

    百歳から一歳引いたのが99歳。百から一を引くと「白」となることに由来しています。卒寿と同じくプレゼントや記念品には白色のアイテムが長寿祝いの品とされています。
  8. Oiwai.8紀寿(きじゅ)または百寿(ひゃくじ・ももじゅ)…100歳

    喜寿とは同じ「きじゅ」という読みですが、漢字が異なります。紀寿は「100年で一世紀」ということから紀寿、また100歳であることから百寿と呼ばれています。卒寿、白寿と同じく、プレゼントや記念品には白色のアイテムが長寿祝いの品とされています。

そして、100歳以上はなかなか耳にすることがありませんが、茶寿や皇寿などがあります。
百一賀(ひゃくいちが)…101歳
百二賀(ひゃくにが)…102歳
・・・続きます
茶寿(ちゃじゅ)または不枠(ふわく)…108歳
「茶」の字をくずすと、「二十」と「八、十、八」に分かれることに由来しています。
皇寿(こうじゅ)、川寿(せんじゅ)…111歳
「皇」は「白」と「王」に分かれる、さらに「白」は、「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので99歳を表わし、「王」は「十」と「二」に分けることができる。 そのため、「白」(99歳)+ 「十」「二」で111歳としています。
大還暦(だいかんれき)、昔寿(せきじゅ)…120歳
天寿(てんじゅ)…250歳

長寿祝いのお祝いの仕方は?

長寿のお祝い、パーティーは、かつては節目を迎えたお祝いをされる方が主催となりお祝いの会を開いていましたが、現在では家族や身近な人が誕生日会と合わせてお祝いの会やパーティーを開くことが一般的なようです。
長寿のお祝いの仕方は、誕生日パーティーと同じように特に決まったお祝いの仕方はありません。節目を迎えたお祝いされる方の意向に沿った形がよく、お祝いの記念品をお渡ししたり、お食事会の開催やご招待などがあります。

長寿祝いのお祝い品・プレゼント&金額の相場は?

還暦ではおめでたい赤色の身に着けるものとして、赤い頭巾やちゃんちゃんこを贈る風習がありますが、その他の古希や喜寿、米寿などぼ長寿祝いでは特に決まったルールなどはありません。(現代の還暦を迎える方はかつての60代に比べ若々しい装いを好む方もいらっしゃいますので、赤いちゃんちゃんこや頭巾よりも、ベレー帽やスカーフがお似合いかもしれません。)
長寿のお祝いは人生の節目となるお祝いですのでお菓子などの消耗品ではなく、記念品となる贈り物・プレゼントを贈るのがおすすめです。
プレゼントを思い出に残る旅行や食事会などと一緒に贈るもの素敵ですね。

もし長寿祝いのプレゼントに迷ったときは、「紅白」や「金銀」など縁起の良い色味のお品物や、吉祥文様などのお品物を贈ると、おめでたいお祝いの気持ちが伝わり良いですね。
長寿祝いのプレゼントの金額の相場は、贈る相手が自分や配偶者の両親の場合は2~3万円、祖父母の場合は1~2万円、親戚などの場合は1万円前後、それ以外の場合は数千円程度と言われています。
相場よりも少し高価なプレゼントを贈りたい場合は、家族や兄弟などと一緒に購入するのもおすすめです。
とはいえ、いつの時代もプレゼントや贈り物は金額ではなくて「気持ち」が一番!大切なご両親や祖父母に「これを使ってもらいたい!」と思うものをお選び頂くのが一番です。

長寿のお祝いのプレゼント・贈り物におすすめの逸品

日本デザインストアで人気な、長寿のお祝い・プレゼントに相応しいお品物のご紹介致します。どれも日本の伝統的な技術を使いながらも、モダンでおしゃれにデザインされたものばかり。日常生活でも使いやすいものばかりなので、記念品として飾っておくだけでなく毎日ご愛用頂けるもの人気の秘密です。

ギフトサービスについて

ギフトラッピングイメージ

ギフトラッピング

日本デザインストアでは贈り物に相応しい上質なラッピングをご用意しております。手提げ袋のご用意も。

ご案内カード

ご案内カード

万が一のときにも安心!全てのお品物に当店の連絡先を記載したご案内カードを同梱しております。