※This page is in the middle of translating that now.

11ぴきのねこグッズ可愛い豆皿は猫好きへのプレゼントに

絵本11ぴきのねこファン必見 大人のための可愛い豆皿

絵本11ぴきのねこファン必見 大人のための可愛い豆皿

item thumbs

[azmaya]11Cats mame plate

  • Our original set
  • Exclusive gift box
  • With Japanese description
  • With English description

View Product List

11ぴきのねこが12か月の豆皿になりました

変わらぬ人気をほこる絵本「11ぴきのねこ」。
親から子へ、子から孫へと3代に渡って親しまれているロングセラーです。
「11ぴきのねこ」は、「とらねこたいしょう」がひきいる11ぴきのねこたちの愉快な冒険物語。
このたび、「11ぴきのねこ」誕生50周年を記念して、「11ぴきのねこ」の生みの親、作家の馬場のぼるさんが描いたねこたちの12か月がかわいい豆皿になりました。
懐かしい!と思う方にも、11ぴきのねこが大好き!な方にも。
猫が大好き!な方にもおすすめな、「11ぴきのねこ」グッズ、可愛い豆皿のご紹介です。

11ぴきのねこの豆皿を並べた様子

絵本「11ぴきのねこ」シリーズとは?

名作「11ぴきのねこ」は、馬場のぼるさんが描いた絵本です。
初版はなんと1967年!今から50年も前になります。
絵本のシリーズは全部で6冊。250万部を超すロングセラーとなった「11ぴきのねこ」シリーズは「11ぴきのねこ」に始まり、「11ぴきのねことあほうどり」「11ぴきのねことぶた」「11ぴきのねこ ふくろのなか」「11ぴきのねこ ふくろのなか」「11ぴきのねことへんなねこ」と、どれも人気の絵本です。

第一作目「11ぴきのねこ」のあらすじを少しご紹介しましょう。

11ぴきののらねこがいました。11ぴきのねこたちはいつもお腹がぺこぺこ。
ある日、長いひげのじいさんねこがやってきて、怪物みたいに大きな魚が山のずっと向こうの湖に住んでいる、と言いました。
お腹をすかせた11ぴきのねこは、大きな魚を捕まえにでかけます。
しかし11ぴきのねこたちが魚の怪物におそいかかっても、まったく歯がたちません。
11ぴきのねこたちは作戦を練り、とらねこたいしょうを筆頭に力を合わせ、ついにねこたちは魚の怪物を捕まえますが…。

お話のラストはなんともユーモラス。想像しなかった結末に思わずフフッと笑みが浮かびます。自分の欲求に素直だけれど団結力はピカイチな11ぴきのねこたち。「11ぴきのねこ」シリーズは何とも愉快で愛らしいねこたちが素敵な絵本です。リズミカルな言葉の響きがやさしく、そこもまた魅力的です。子どものころによく読まれた方は、久しぶりにお手に取ってみると以前とはまた違った感動が生まれることもあるでしょう。懐かしさと同時に、ねこたちの素直さ、可愛らしさが大人の心に沁みるかもしれません。「11ぴきのねこ」グッズ、かわいらしいねこの豆皿は、大人になっても11ぴきのねこたちのように気ままでいたい人にピッタリのお品物です。

小物やインテリアを一緒に11ぴきのねこの豆皿を飾っている例

「11ぴきのねこ」の作家、馬場のぼるさんとは?

名作絵本「11ぴきのねこ」シリーズの生みの親、馬場のぼるさん。絵本作家だけではなく、漫画家としても活躍された方です。
馬場のぼるさんは1927年青森県三戸町生まれ。上京し、1948年に漫画家としてデビューしました。馬場さんの作品は児童向け漫画から大人向けの漫画まで幅広く、のびのある独特の描線で次々とヒット作が誕生しました。日本経済新聞連載の4コマ漫画『バクさん』は馬場さんの代表作です。絵本デビュー作は「きつね森の山男」。1967年に出版された「11ぴきのねこ」はサンケイ児童出版文化賞を受賞しました。「11ぴきのねことあほうどり」は文藝春秋漫画賞を受賞、「絵巻えほん11ぴきのねこマラソン大会」ではイタリアの子どもたちが選ぶエルバ賞を、1995年には紫綬褒章を受章するなど、数々の輝かしい賞を受賞しています。
手塚治虫さん、福井英一さんとともに「児童漫画界の三羽ガラス」と呼ばれ、特に手塚治虫さんとは親交も深かったそうです。なんと手塚治虫さんの作品「七色いんこ」には「11ぴきのねこ」が登場しているのだとか。
ちなみに、ゆるキャラグランプリでもおなじみの群馬県のキャラクター「ぐんまちゃん」は実は2代目。初代「ぐんまちゃん」をデザインしたのは馬場のぼるさんでした。

かわいい豆皿・11ぴきのねこたち12か月は3つのセット!

手のひらサイズの小さな豆皿に描かれた11ぴきのねこたちは12か月の12種類。それぞれ4種類ずつの「花」「空」「雪」の3セットになっています。
シンプルでありながら、何を考えているのか、何を楽しんでいるのか伝わってくるような、表情豊かなねこたち。「11ぴきのねこ」グッズ・ねこの豆皿に描かれた春夏秋冬をおおいに楽しむねこたちの姿は、私たちの暮らしも楽しく彩ってくれます。あまりの可愛らしさに全種類集めて飾っておきたくなってしまいますね!気ままなねこが大好きな猫好きの方へのプレゼントとしてもおすすめです。

  1. 11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿 「花」

    11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿 「花」は3月・4月・5月・6月のセット。植えたチューリップを心待ちにしている3月、蝶々とあそぶ4月、鯉のぼりとぶらさがる5月、雨の中カエルと出会う6月。
    春から初夏にかけてのさわやかな空気が流れているような印象のかわいい豆皿です。

    11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿「花」セットの4枚
    Related Items
  2. 11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿 「空」

    11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿 「空」は7月・8月・9月・10月のセット。魚を食べた夢を見ているのかな?お休み中の7月、背よりも高いひまわりに水遣りをする8月、トンボの群れの中をサイクリングする9月、運動会で障害物競争に参加している10月。
    夏から秋にかけて、ねこたちが季節の行事や趣味を楽しんでいるかわいい豆皿です。

    11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿「空」セットの4枚
    Related Items
  3. 11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿 「雪」

    11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿 「雪」は11月・12月・1月・2月のセット。木枯らしが吹く11月、サンタクロースに扮する12月、羽子板の羽根が門松の上に!?ちょっとお困りの1月、雪でねこの像をつくって遊ぶ2月。
    ねこだけれど冬の間も寒さなんて気にしないで遊ぶ!楽しいねこたちのかわいい豆皿です。

    11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿「雪」セットの4枚
    Related Items

さすが東屋!絵本好きの大人のためのこだわりの品質

11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿を手掛けたのは、日本の職人が作る伝統工芸品や食器、日用品などを現代のライフスタイルに合わせて提案している東屋(あづまや)。妥協のないモノづくりと優れた職人の手仕事が評判のブランドです。
このたび東屋がお届けする11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿は、ただ可愛いだけのキャラクター豆皿ではありません。熊本県産の天草陶石(あまくさとうせき)を長崎県波佐見町(はさみちょう)の窯で焼き上げた豆皿には、職人の高度な技術が生きています。11ぴきのねこを愛する大人を満足させる、こだわりの品質をご紹介します。

  1. 伝統的な印判染付

    11ぴきのねこたちを描く藍色の輪郭線は伝統的な印判染付(いんばんそめつけ)。11ぴきのねこが呉須(ごす・藍色の陶磁器用顔料)で描かれた和紙を素焼きのお皿に置き、水をつけた筆でそっと濡らすと絵がお皿に写されます。手仕事で写される呉須のラインには、独特のやわらかさがあり、馬場のぼるさんの表情豊かな11ぴきのねこたちの表現にピッタリです。

    テーブルに豆皿とチーズボードが並んでいる様子
  2. 伝統的な濃み(だみ)

    呉須で描かれた輪郭線に太い筆で濃淡をつける手仕事を「濃み(だみ)」と言います。濃み(だみ)専用の大きな濃筆(だみふで)に薄めた呉須をたっぷり含ませ、熟練の職人が素焼きのお皿にのせて描いていきます。簡単に言えば色塗りのように見えますが、色の重なりの美しさや筆運びには熟練の技術を要します。11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿は、丁寧な手仕事によってより生き生きとした表情に仕上げられています。

  3. 伝統的な木瓜型(もっこうがた)のカタチ

    11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿は、日本の家紋でも見かける伝統的な木瓜(もっこう)の形の豆皿です。縁の丸みと内側に入った角が特徴の柔らかい形です。日本の伝統的な文様でもある木瓜は、ぼけ(木瓜)の花を抽象化したとも、木瓜(キュウリ)の断面を図案化したとも言われている文様です。こちらの豆皿ではまるで11ぴきのねこを囲む額縁のような意匠です。

    女性が豆皿を手に持っている

☆ここも見逃せない!

豆皿一枚一枚の裏側には、馬場のぼるさんのサインが転写されているのです。「11ぴきのねこ」シリーズの絵本の一番最後のページに必ず記されていたサインに、見覚えのある方も多いのでは…?ここも「11ぴきのねこ」ファン・馬場のぼるさんのファンにはたまらない、11ぴきのねこグッズ・ポイントです。

11ぴきのねこの豆皿の裏側にサイン

使い勝手の良い豆皿は猫好きさんへのプレゼントにも

春夏秋冬を彩る11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿は、可愛いだけでなく使い勝手にも優れた絵皿。少し深みがあるので醤油や薬味入れとしてお使い頂いても、おもてなしのお茶菓子をのせていただいても便利です。ねこたちのユーモラスな表情に、お客様の緊張も簡単にほぐれることでしょう。小物入れとしても手ごろなサイズです。また、季節に合わせて玄関やリビングに飾るのも素敵ですね。日常使いから大切なお客様のおもてなしまで活躍する逸品、11ぴきのねこグッズ・ねこの豆皿は、猫好きさんへのプレゼントにもおすすめです。
素直で気ままなねこたちの姿は、世代を超えて多くの人に笑顔を届けてくれることでしょう。

11ぴきのねこの豆皿やそばちょこがテーブルにセッティングされている

猫好きの方へのプレゼントなら可愛い招き猫もおすすめ

猫好きの方へのプレゼント・ギフトをお探しならコロンとした手のひらサイズの大きさに、2匹が仲良くペアになったFloyd(フロイド)の招き猫「フォーチュンキャット」もおすすめです。
こちらの可愛らしい招き猫は、飾っておくだけでどんどんいいことが起こりそう!ということで、「あなたに幸せが沢山おとずれますように…」という想いを込めて、大切なご友人や知人の誕生日プレゼントの他、起業や開業祝いなどのビジネス関係、引越しや新築お祝いなどの贈り物にも喜ばれます。
つるんとしたシンプルな陶器にさりげなくシルバーとゴールドの斑模様が施されているため、プレゼントにも相応しい華やかさがありますよ。

Floydのフォーチュンキャットの置物

その他にもおしゃれな豆皿セットをご用意しております

日本デザインストアでは11ぴきねこの豆皿セットの他にも、同じく東屋の「印判豆皿」や「印判小皿」、縁起の良い吉祥紋柄の「KIHARAのKOMONシリーズ」など、プレゼント・贈り物に相応しいおしゃれな豆皿セットを多数ご用意しております。

ご購入の前に

  • 使用している磁土の特性により、窯の中の空気などの影響でお皿に鉄分の点(茶色の点)が見られることがあります。こちらは素材の特長になりますのでご了承ください。

Caring tips

  • * All the products are handmade by traditional craftsmen. Please enjoy different perspective of each product.

Personalize gift service

For the bulk order more than 20 items, we can personalize your items with the name of your company, school, or with logomarks. If you plan to order corporate gifts or keepsake gifts, please contact us from “Contact us.”
* Personalize gift needs service fee. The fee depends on items.
* Personalize service is not available for some products. Please feel free to ask us.